編集部ブログ

秋号取材こぼれ話(3)手打ちうどん さかもと

今回は、羽村市へ武蔵野うどんを探訪しに行ってきました。大好きな(動物好き)羽村市動物公園の近くということもあり、関心を持って取材のお願い。即答、快くお受けいただきました。

おしゃれで広い。昔はトリミングサロンだった建物だそうです

ご主人の坂本さん、フレンドリーでとても面白い方です。Instagramなども結構おちゃらけているのですが、びしっと修行を積んだ元職人さん。軽い感じでお話しされていますが、実のところはきっとかなりのやり手だ!と思っています(笑)。

ご主人の坂本さん

「武蔵野うどんといえるのかな」とご本人がおっしゃっていましたが、確かに肉汁の感じなど、これまでご紹介してきたうどんとは結構違います。麺はさぬきうどんの感じがお好きだそうで、さぬきっぽい麺なのですが、「みみ」があるのが武蔵野うどん。

うどんを食べたりメニューを見たりしているとご本人が好きでいろいろ試している感じがして、なんだか共感したのでした。

きのこの話にも少し触れていますが、「檜原きのこセンター」から取り寄せられていて、このきのこが何かの理由で取り寄せが遅れたら、「きのこ待ち」で開店を遅らせるというほど重要な食材。肉厚で、食べ応えのあるきのこです。

そういえば、「そば湯」ならぬ「うどん湯」がついていて、つけ汁を全部いただきました。以前取材させていただいたお店も、何軒か「うどん湯」がついていたんですよね。おいしいつけ汁を残すのはいやなので、うれしいサービスです。

スポットライトを浴びるうどん湯

どちらのお店でもそうなのですが、自分でお店をやるというのは、責任もあるし大変だと思うのです。でも、これがいいというものをお客さんに直接提供できるのは、本当にやりがいがあります。

いろいろ暗雲立ちこめる話が多い時期ですが、「やりたいようにやって、お客さんを喜ばせるぞ」という感じが、こちらも元気をもらえました。

たまきたエリア内の武蔵野うどんは、取材をお受けいただけるお店はほぼ取材しきれたのかと思います。

(取材はNGというお店もあるのですが、もし、あそこはまだ出てないけど行ってきて!というのがあれば教えてください)

次号は、ちょっと東京を飛び出して探訪してみようかと思っています。