編集

  1. 情報誌の国語授業をお手伝い

    今日は、多摩の某中学校の授業にお邪魔しました。以前、同中学校で職業体験の事前学習ということで、地域の事業者として編集や『たまきたPAPER』発行、その他私の仕事に関するお話をさせていただきました。

  2. たまきたランチ会

    今日は、たまきたの配達などなどをしてくれている皆さんと、恒例のランチ会でした。久しぶりに、玉川上水駅そばの「玉上岡元」にて。

  3. 多摩湖の夕陽をお届け

    休日の夕方、多摩湖へ夕日を見に行きました。都内でこれだけ、高い場所に会って広々と水面と空が開けた場所、あまりないですよね。湖面に雲が映っていて、水鳥がすいすい泳ぎ、風景に点々とポイントを作っています。犬の散歩の人たちや、一生懸命、友達と綺麗な写真を撮っている女の子たちがいました。

  4. 中学校で職業についての講話

    近隣の中学校で、職業体験の事前学習として地元の社会人に仕事についての話を聞くという授業がありまして、その講師としてお話をしてきました。写真は生徒さんにお配りした、ことの葉セット。

  5. 『たまきた』『Minna』同時発行

    長くなりそうです。先に言っておきます。『Minna」の方は5/22(水)に下版。29に納品になりました。『たまきたPAPER』のほうは、結局いつだったかな、もう分からないですよ、とにかくギリギリでした。編集一人で2本同日発行(一つは自分でDTP)なんて、なんて無謀な。

  6. 廃れるものには廃れる理由がある

    民俗学に関心があったときがあり、沖縄県久高島の「イザイホー」について調べていました。久高島では女性が30歳を過ぎると、70歳まで神女として生き、いろいろな祭祀を司ります。神女になるための儀式がイザイホーで、儀式だけでも5日かかる大掛かりなものなんですね。

  7. 『JAF Mate』と『Minna』入稿

    昨日、『JAF Mate』が自宅に届きました。そういえば、4月から入会したんでした。タイトルがまぎらわしいかも。『JAF Mate』は弊社でつくっているわけではありません。『JAF Mate』は、最初に憧れた雑誌かもしれません。小学生くらいのときか、父がJAFに入っていたんですよね。

  8. 人の命を救う記事への第○章

    タイトルのことが、私の作るものの目標です。(日報は飲みながら書くことが多くて熱くなりがち)ダイレクトに捉えれば、社会問題を記事にしたり社会保障の記事を作ったりするところですが、私はもう少し表層のところからやろうとしています。

  9. もっと東やまと―フリーペーパー講座【6回目、最終回】

    昨日は先日からレポートしております、フリーペーパー講座の6回目、最終回でした。その前1週間は受講生の皆さんから公民館長経由でどんどん原稿が飛んで来るのを見たり、皆さんのフリーペーパー合冊版の表紙を検討したりしていました。そしてできたのが、冒頭の写真。

  10. フリーペーパー講座5回目

    上北台公民館講座、「あなたもフリーペーパー編集部員」昨日は5回目。先週、2稿あたりに該当するものが受講生から上がってきて、赤字を入れてお戻しし、修正したものを昨日の講座でまた見せてもらって、最終原稿をつくる日でした。

  11. 編集部員が街を駆ける

    今日は東大和市役所へイベントのチラシを届けに行き、少し街のことでお話して、立川へ。立川市のいなげやさん全店に設置させていただけることになり、お届けを完了しました。帰社して、玉川上水駅近くでランチ会議し、東大和南公園を通って帰っていると、フリーペーパー講座の受講生さんが自転車で通りすがり。

  12. フリーペーパー講座3回目

    昨日は東大和市上北台公民館「あなたもフリーペーパー編集部員」講座3回目でした。今回は、Word組版の講座。通常、たまきたなどはAdobe InDesign、IllustratorなどでDTPをしていますが、Wordでもできます。

  13. たまきたその他をいろいろ待っていてもらう

    たまきたの配達が始まると、配達してくれるエリアパートナーの皆さんが「たまきた、きた~って喜んでもらいました!」「すぐなくなるから、もっと置いていってって言われるんですけど…」と報告してくれます。

  14. たまきた夏、できました。

    フリーペーパーの制作は本当にいろいろな段階があって、先日のフリーペーパー講座でも2時間の中でどこまでお伝えするべきかずいぶん考えました。

  15. フリーペーパー講座第2回終了

    上北台公民館やりがい講座「あなたもフリーペーパー編集部員。」5/15(火)の1回目は、「イロハを編集長に聞く」ということで、編集の全体的な企画のつくりかた、説明や用語、ラフの書き方のお話。そして興味関心ごとに編集チーム分け。

  16. 夏号の前に秋号の話

    たまきたの発行について、お問い合わせがかなり増えてきました。つい先日夏号が印刷に入って発行目前ですが、秋号に関するお問い合わせも。たまきたが季刊誌だということも定着してきた気がします。

  17. フリーペーパー講座1回目

    5/15(火)から東大和市公民館でフリーペーパー講座「あなたもフリーペーパー編集部員」。編集の基礎を学び、制作もし、Wordレイアウトをやってみるというなかなか濃い講座。たまたまWordレイアウトを経験して、研修テキストなどもWordで作っています。

  18. 人は物語で記憶する・自分史

    数年前、自分史活用アドバイザーという資格を取った。私のアドバイザーとしての紹介はこちら。自分史とは、名前の通り自分の歴史。自分の人生の歴史を記録しておくもの。音声起こしをメーンに仕事をしているときに自分史の制作をお手伝いして、興味を持った。

  19. タウン誌フリペ大賞は負けということもない

    娘が道徳の宿題で、「身近な人の職業について聞いてくる」というのをやっていて、朝から私に取材をはじめた。その質問の一つで、「編集の仕事をやっていて、うれしかったことは?」というのがあった。続けて「タウン誌フリペ大賞で上位になったこと?」と聞かれた。ちょっと意外だった。

ページ上部へ戻る