北多摩

  1. 大事なことを伝える仕事

    写真は弊社のリーフレット。8Pのものもあるのですが、気軽に持っていっていただける三つ折りも作ってみました。何をしているのか、何をしたいのか、弊社の強みは何なのか、ここにきてようやく固まりきれた感じがします。

    続きを読む
  2. 熱く打ち合わせて熱いビーフシチューを食べる

    今日は午後、冊子制作物の打ち合わせに。自分のやりたいことの芯にかなり近づいてきた気がします。「人の命を助ける情報を」しかも楽しく。救命とかそういうことじゃなくて、小さな一つを知らなかったことが、専門家の言うことを鵜呑みにすることが、人の命を奪うことがある。

    続きを読む
  3. 「誰か一人のために」もAIにはできない

    日曜日、取材中に一本の電話がありました。「◯市で『たまきたPAPER』冬号をもらいたいのですが、あまり置いてあるところがなくて。スーパーだと、『たまきたPAPER』をもらうためだけに入るのは申し訳ないし。

    続きを読む
  4. いったん冬号校了

    …しました。子どもが試験中で給食なしなので、お昼ご飯に一回帰って、校正を手伝ってもらった写真が冒頭。もちろん、私と、もう一人が何度も校正するのですが、創刊当初から子どもの校正は欠かせません。特に記号系の不統一の気づき方が秀逸です。私たちが見逃すものを見つけるので、必ず見てもらいます。

    続きを読む
  5. たまきた反響お喜びの声・「四方よし」を目指す

    たまきた夏号、追加設置も追えてアンケートも過去最高数になっており、設置店からも追加してくださいと連絡が入っています。そしてまた大事なのは、たまきたの広告や記事への反響ですが、それも今回お喜びの声をいただいています。

    続きを読む
  6. たまきたお取り寄せをはじめました

    情報誌やチラシなどの印刷物はポスティングや折込などいろいろな配布方法がありますが、『たまきたPAPER』は「設置」という方法をとっています。その周辺に住んでいる人みんなに行き渡るというよりも、こういった読み物が多い情報誌が好きな人にできるだけまんべんなく届くように、設置先を考えています。

    続きを読む
  7. たまきたはオトとアートのまち

    春号特集の扉と、掲載スポット名、ウェブサイトを公開しています。地域で音楽芸術活動をしている人がたくさんいることを知って、そういう大学もある地域ですし、音楽と芸術が盛んな街という切り取り方をしてみました。散歩しながら立ち寄って楽しめるオトとアート。今回、地域外の情報も。

    続きを読む

おすすめ商品

  1. 『たまきたPAPER』2019年夏号
  2. 『たまきたPAPER』2019年春号
  3. 東大和市みんなで子育てBOOKプロジェクト(1)
  4. 『たまきたPAPER』2018-19年冬号
  5. 『たまきたPAPER』2019年秋号

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る