まち歩き

本格手打ちうどん 笑乃讃

夏休み中の7月。私、うどん好きの中学生編集部員ノアは、編集長に誘われて、「気まぐれ武蔵野うどんの旅」に出掛けました。お店に入って少し迷ってから 「ざるうどん」と「肉汁つけうどん」を頼んで、編集長は「舞茸天ぷら」を付けました。

伝統と新味のもちつる麺

うどんを待つ間に出されたいりこの天ぷら。気づかいや遊び心がうれしい。

注文してすぐに、サービスの「いりこの天ぷら」が運ばれてきたので、舌鼓を打っている間にうどんと舞茸の天ぷらも運ばれてきました。

私と編集長が肉汁つけうどんを食べてみると、もちもちの麺。つけ汁に入った分厚いお肉や油揚げを一緒に食べれば、もう大満足です。編集長は天ぷらも頼んでいたので、満腹になり、私にうどんを譲りました。

「武蔵野うどんは硬くて太いものですが、女性やお子さん、お年寄りはそういう麺が好きかな?と思い、食べ歩いて研究して、もちもちでのどごしのいい麺にしたんです」とご主人は言いました。お店は新しくてきれいですが、実は昭和40年にできた「永瀬製麺」から続く、歴史あるお店だそうです。 私は「うどんのみみ」が大好きなのですが、「笑乃讃」のみみを見たときは、いつもの武蔵野うどんよりちょっとうれしくなりました。
皆さんも、どうしてうれしくなるか、確かめに行ってみてください。

※『たまきたPAPER』2018年秋号に掲載した記事を再編集しています

本格手打ちうどん  笑乃讃(えのさん)

入口横の窓からうどんを打つ様子を見ることができる。
店内の様子。キッズルーム有。カウンターもあり一人でも家族でも居心地がいい。

本格手打ちうどん 笑乃讃

WEB/http://tamakita.com/musashinoudontanbouki/

住所/武蔵村山市三ツ藤1-86-4 (立川バス イオンモール停留所徒歩1分)
電話/042-569-1056
営業時間/11:00~14:30(ラストオーダー14:00)不定休