東大和

  1. 食べ歩き「魚餃(ぎょぎょ)」東大和市

    先週日曜日、経営のことでお世話になっている先生と会食しに「魚餃」というお店に行きました。おいしくて駅が近くて、先生が行ったことのないところ、と考えるとなかなか見つからず。通りがかりに気になったお店を調べてみるに…Googleマップ以外にほぼ情報がありません。

  2. たまきた展@東大和市ふれあい広場【9/1・18秋号発行記念!】

    ★たまきた展やってます★急きょはじまった、秋号発行記念、たまきた展! たまきたの全バックナンバー展示配布、最終日は、たまきた秋号を発行日より一日早く入手できます!!!ぜひ、ぐで玉川上水駅においでください。

  3. もっと東やまと―フリーペーパー講座【6回目、最終回】

    昨日は先日からレポートしております、フリーペーパー講座の6回目、最終回でした。その前1週間は受講生の皆さんから公民館長経由でどんどん原稿が飛んで来るのを見たり、皆さんのフリーペーパー合冊版の表紙を検討したりしていました。そしてできたのが、冒頭の写真。

  4. たまろくと人図鑑100人記念イベントに出席

    おととい、7月3日はタイトルのイベントで、ルネ小平へ。以前、第1部は『ホンマでっか!? TV』でもご活躍の脳科学者、澤口俊之先生の講演。幸福になるためにはIQよりもHQ(Human Quotient)、目的に向かって努力する力が重要だという話。

  5. 編集部員が街を駆ける

    今日は東大和市役所へイベントのチラシを届けに行き、少し街のことでお話して、立川へ。立川市のいなげやさん全店に設置させていただけることになり、お届けを完了しました。帰社して、玉川上水駅近くでランチ会議し、東大和南公園を通って帰っていると、フリーペーパー講座の受講生さんが自転車で通りすがり。

  6. 小平と東村山で課題を聞く

    昨日は午後、小平市で印刷物などの打ち合わせ。たまきたからつながったご縁。課題を話してくださって、それを解決できそうで、安堵。頼りにしてもらえているって本当にうれしいです。東村山市へ向かう途中、青梅街道駅近く「ムーちゃん広場」でちょっと買い物。

  7. フリーペーパー講座3回目

    昨日は東大和市上北台公民館「あなたもフリーペーパー編集部員」講座3回目でした。今回は、Word組版の講座。通常、たまきたなどはAdobe InDesign、IllustratorなどでDTPをしていますが、Wordでもできます。

  8. たまきたレシピ「ブルウニー」

    チョコレートたっぷりのケーキ、ブラウニー。ではなく、ブルーベリーたっぷりのケーキ、ブルウニー! たまきただけの、オリジナルです。思いっきりブルーベリーなお菓子を食べたくて作ったこのレシピ。「ブルウニー」を今年はもっと発展させるべく、レシピをWEBで掲載しました。

  9. たまきたその他をいろいろ待っていてもらう

    たまきたの配達が始まると、配達してくれるエリアパートナーの皆さんが「たまきた、きた~って喜んでもらいました!」「すぐなくなるから、もっと置いていってって言われるんですけど…」と報告してくれます。

  10. たまきた夏、できました。

    フリーペーパーの制作は本当にいろいろな段階があって、先日のフリーペーパー講座でも2時間の中でどこまでお伝えするべきかずいぶん考えました。

  11. クロスワードパズル大人気(応募は明日までです)。

    たまきた春号は先日から「足りません」とお知らせしているとおり、あちらこちらで在庫なしになっていて、冬号のエレキテル連合さんインタビューやフリーペーパー大賞で認知度が上がったのか、アンケートからみるに小さいお子さんがねこまんを楽しんでくれているのか、クロスワードファンが増えたのかと分析中です。

  12. リアルコミュニケーションのたまきた(2)

    先日の皆さんとのランチで、よほど思うところがあったのだろう自分。リアルコミュニケーションのたまきた(1)はこちらSNSでの広報やコミュニケーションはとても大事で、たまきたも力を入れているところだけれども、あれこれのSNSを使わない人というのは結構多い。

  13. リアルコミュニケーションのたまきた(1)

    昨日のスタッフミーティングランチは、DTPや編集など、たまきたの制作に直接関わってくれている人もいれば、できた「たまきた」を設置協力店に配達してくれる人もいたし、デザイナーやイラストレーターとして「これからよろしくお願いします」な人もいた。

  14. たまきた2018年春号発行によせて

    本日、たまきた2018年春号発行です。特集の、「ソト・オト・アート」というキャッチが思い浮かんだのが、冬号発行の直後くらい。そこへたまたま、音楽家の方と仕事をすることになって、あまり知られていない情報も得ることができました。

  15. 街は物語を記憶する・西洋善処 創喜

    たまきたの地域に住むピアニストの女性とランチをしながら若いころのバイト話をしていて(彼女は今も若いが)、たまたまタイトルのお店の話になった。「“創喜”っていうお店が東大和にあったの、知ってますか」と彼女。「あ、青梅街道を脇道に入ったところの。

  16. 『たまきたPAPER』2017-18年 冬号発行!

    『たまきたPAPER』2017-18年 冬号 発行しました!■ 巻頭インタビュー たまきた人  日本エレキテル連合 橋本小雪さん・中野聡子さん■ 地域ニュース 新聞まちなり  「地域の一面記事」「ねこまん通信」「ねこまん4コマまんが」「武蔵野うどん探訪...

  17. たまきた食べ歩き~東村山市・手打ちうどん こげら~

    先日、武蔵野うどんのお店を全部食べ歩こう!と目的のお店に出かけたら、なんとたまたま臨時休業…。でもその帰りに、なんだかおもしろそうなお店があったので行ってみました。ただ、のれんは「讃岐うどん」。たまきたの地域で、讃岐うどんの人気店もいくつかあるんです。

  18. メディア出演・5月26日(木)J:COMチャンネル

    J:COMチャンネルさんに取材していただきました!「デイリーニュース多摩」というテレビのニュース番組で放送される予定です。キャスターの川端さんが優しく一生懸命お話を聞いてくださって、つい熱く語ってしまいました…約2分半も使っていただけるとのこと。

  19. 東京都薬用植物園でカタクリの花

    武蔵村山市の野山北・六道山公園でカタクリの花が見られるのをご存じの方も多いと思います。群生している場所があり、カタクリの花を目当てに来園される方も多いようです。カタクリは、発芽して開花するまでに7~8年かかる植物です。

  20. たまきたからのご報告

    『たまきたPAPER』『たまきたWEB』読者の皆さま『たまきたPAPER』『たまきたWEB』は「多摩北部地域を活性化する情報紙の発行・情報サイトの運営」として東京都及び(公財)東京都中小企業振興公社が実施する平成27年度第2回創業助成事業の助成事業に採択されました。

ページ上部へ戻る