編集者

  1. なりたいと思えば、だいたいのものはなれる

    編集やライティング、デザインというあたりで講師に呼んでいただくことが増えましたが、先日も企業の方に、「言葉の表現に関する講座ができませんか」とお話をいただきました。読み手の立場になって書く、話す、発信するというのは、簡単なようで意外とできないことなんですよね。

    続きを読む
  2. 働き社長は幸せ

    昨日、昔出入りしていた編集者の社長の話をしましたけれども。その社長が言っていた言葉でもう一つ印象に残っていることがあります。それが「働き社長」経営に専念するのではなくご自身も編集執筆をしていたので、そういうことを働き社長と言っていました。

    続きを読む
  3. 熱く打ち合わせて熱いビーフシチューを食べる

    今日は午後、冊子制作物の打ち合わせに。自分のやりたいことの芯にかなり近づいてきた気がします。「人の命を助ける情報を」しかも楽しく。救命とかそういうことじゃなくて、小さな一つを知らなかったことが、専門家の言うことを鵜呑みにすることが、人の命を奪うことがある。

    続きを読む
  4. ライターが育ってる!

    私が書くものとしては普段受けないタイプのライティングを受けました。私以外に書ける身内を増やすためにです。私が書いてクライアントOKが出たものをお手本とし、仕様を細かく書き、可能な限り隣で一回書いてもらって疑問点をつぶし、サンプル提出してもらう。

    続きを読む
  5. 「ママでないもの」になろうとしていた(2)

    写真は先日見かけた芙蓉の花です。潔い白。潔白ですね。芙蓉(ふよう)という読みを思い浮かべると、「扶養」という漢字も一緒に頭に浮かびます。ママと扶養、というのもまた、そのうちいろいろ提言したいところです。ちょっと強引にママに結び付けましたか。

    続きを読む
  6. もっと東やまと―フリーペーパー講座【6回目、最終回】

    昨日は先日からレポートしております、フリーペーパー講座の6回目、最終回でした。その前1週間は受講生の皆さんから公民館長経由でどんどん原稿が飛んで来るのを見たり、皆さんのフリーペーパー合冊版の表紙を検討したりしていました。そしてできたのが、冒頭の写真。

    続きを読む
  7. クリエイターと出会いたい。

    読者から、文章、イラストなどの作品が届いています…しかも大作が。読者の方の作品をたまきたに載せるのに作品を募集していますが、たまきたにちょっと載せるのでは足りなそうな分量だったりします。川柳を載せるところが多いのが分かります。スペースが5、7、5文字で決まっていますから。

    続きを読む
  8. フリーペーパー講座1回目

    5/15(火)から東大和市公民館でフリーペーパー講座「あなたもフリーペーパー編集部員」。編集の基礎を学び、制作もし、Wordレイアウトをやってみるというなかなか濃い講座。たまたまWordレイアウトを経験して、研修テキストなどもWordで作っています。

    続きを読む
  9. メモは役に立たないがプロ意識はある

    昔から、私のメモは役に立ちません。話しながら何か書くということがほぼできないためです。取材のときも、ほとんどメモは取りません。話に集中して、記録はほとんどICレコーダーに任せます。(極力、普通に会話したいというのもあります。

    続きを読む
  10. 夏号「たまきた人」取材に。

    本日はインタビュー取材からスタート。夏らしい美しいものとともに、「好き」を追う生き方を。夏日にふさわしい取材。夏号発行が楽しみです。お話も画像も、たのしんでいただける記事になりそうです。取材が終わると携帯に6本電話が入っていた。皆さんほんとにすみません。

    続きを読む

おすすめ商品

  1. 『たまきたPAPER』2019年春号
  2. 『たまきたPAPER』2018-19年冬号
  3. 『たまきたPAPER』2019年夏号
  4. 『たまきたPAPER』2019年秋号

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る