情報誌

  1. 『東京ラブストーリー』にたまきたが!?

    それは2019年の夏でした。「来年から配信される『東京ラブストーリー』のリメイク版で、たまきたの○○○ページを使わせてもらえないでしょうか?」という主旨のメールが、そのドラマの助監督さんから届きました。

  2. 『Minna』打ち上げランチ

    今日は『Minna 東大和市みんなで子育てBOOK』の編集委員、協力してくれた専門家のみなさんと、打ち上げランチ。広告を出稿してくださった笑し部亭さんにて。     2コマ漫画を担当してくださった作家の西村祐貴さんは現在制作中の絵本のラフを持参。

  3. 文章教室…

    最近、文章とか編集とかを教えてほしいというお話が相次いでいて、改めて自身の仕事について考えています。

  4. 玉川上水緑道沿いにレンゲ

    先週末、玉川上水緑道沿いをジョギングしていたら、目の前にレンゲが見えました。ロバハウスの屋根。緑道より少し下がったところに立っているので、緑道を歩くと目の高さに屋根があり、そこにレンゲが咲いていたのです。

  5. Wordで情報誌づくり・東大和市公民館講座で

    5月15日(木)から東大和市立上北台公民館講座「あなたもフリーペーパー編集部員」がスタートします。4月15日(日)発行の市報にも掲載されています(市報はこちらからダウンロード・閲覧できます)。

  6. あれはウグイスではなくメジロ

    昨日、おとといと編集部の近くのスーパーでメジロを見た。春が近いと思うのは、このウグイス色っぽい色からだろう。ウグイス色っぽい色というのは、メジロの色はウグイス色ではないからだ。そして写真はウグイスと間違われやすいけどメジロだ。

  7. 日本エレキテル連合凱旋ライブ@東村山

    昨日は、たまきた冬号でインタビューした、日本エレキテル連合の凱旋ライブに行ってきた。久しぶりの生の舞台。私は昔小さな劇団にいたのだけど、就職してから稽古と両立できず、そのまま芝居はやめてしまった。一時期は芝居なくして生きていけないくらいに思っていたときもある。

  8. ねこまんについての抱負

    ねこまんは、たまきたの公式キャラクター。ねこと肉まんがドッキングしたというのは、たまきた秋号の四コママンガのとおり。ウェブ限定四コマはこちらねこまんは仕事やボランティア活動、家事育児、勉強など、とにかく頑張る人間のところに現れて、その人を見た感じで考えた教訓を言うのが特徴。

  9. たまきた冬号から〜地元で初詣・礼拝の作法

    今日は大晦日。たまきたの地域外から転居してこられた方や、いつも初詣に行っていないから行きたくてもどこに行けばいいか分からないという方のために、冬号11ページの「地元で初詣」広告特集を公開いたします!神社さんからのお知らせはもちろん、礼拝の作法も載っています。

  10. タウン誌フリペ大賞は負けということもない

    娘が道徳の宿題で、「身近な人の職業について聞いてくる」というのをやっていて、朝から私に取材をはじめた。その質問の一つで、「編集の仕事をやっていて、うれしかったことは?」というのがあった。続けて「タウン誌フリペ大賞で上位になったこと?」と聞かれた。ちょっと意外だった。

  11. 2017年秋号:情報と広告を募集しています

    2017号秋号に掲載する広告を募集しています広告についてはこちらたまきた「PAPER商店街」(たまきた地域の事業者様限定広告欄)はこちら★★秋号広告スケジュール★★広告お申し込み締切…2017年8月1日(火)◆完全原稿入稿…お客様で広告原稿をご用意の上、メール...

ページ上部へ戻る