情報誌

  1. 熱く打ち合わせて熱いビーフシチューを食べる

    今日は午後、冊子制作物の打ち合わせに。自分のやりたいことの芯にかなり近づいてきた気がします。「人の命を助ける情報を」しかも楽しく。救命とかそういうことじゃなくて、小さな一つを知らなかったことが、専門家の言うことを鵜呑みにすることが、人の命を奪うことがある。

    続きを読む
  2. 思いが交錯するのか交差するのか

    私はATOKという日本語入力システムを長年使っているのですが、期末にいろいろ契約を切り替えたりしていて、一度使用を停止。Windowsに標準で付いているIMEで1カ月ほど入力していました。

    続きを読む
  3. あなたに会えてよかった

    あなたに会えてよかったということが、最近いろいろあるな、とふと思ったのです。そしてそういう歌があったなと。昔、劇団にいたときに、客出しの曲(上演が終わるとお客さんが会場を出てしまうまで流す曲)が演出家のこだわりでこの曲に決まっていたのです。古い曲ですが、今でもいい歌だなと思います。

    続きを読む
  4. 「ママでないもの」になろうとしていた(3)

    写真は子どもにたまに作ってもらう、チーズドッグです。YouTubeなどで話題になっていたのを子どもが作って、私も食べてみたらとても好みではまっています。昨日は私からリクエストして作ってもらいました。大変満足です。カリカリしてもちっとしてチーズがのびて面白いんですよ。

    続きを読む
  5. 「ママでないもの」になろうとしていた(2)

    写真は先日見かけた芙蓉の花です。潔い白。潔白ですね。芙蓉(ふよう)という読みを思い浮かべると、「扶養」という漢字も一緒に頭に浮かびます。ママと扶養、というのもまた、そのうちいろいろ提言したいところです。ちょっと強引にママに結び付けましたか。

    続きを読む
  6. いいものを、いいままに伝えるには想像力がいる

    久しぶりの日報です。写真は本文と関係ないですが通勤中のコスモスがきれいだったのでちょっと長い文章の箸休めにでも。雨が降って昨日より6℃も気温が低いとのこと。娘がかぜをひいてしまって、のどが痛そう。心配です。

    続きを読む
  7. これは桑の実? 食べられますか?

    この時期になると、ところどころに桑の実を見つけます。昨年夏号の特集、「武蔵野うどんノスタルジー」で、当時の小平付近では養蚕が盛んで…とインタビューした武蔵野うどん保存普及会・梅本さんがおっしゃっていて、東大和付近でも養蚕があっていて、その名残なんだろうか。と思ったりします。

    続きを読む
  8. 隠れた収穫第二弾

    朝エダマメに水をあげていたら、赤い実がふと見えた。前にも気づかぬうちに、ぐみの実が熟れていて喜んだんですが、忘れたころにまた。熟れるまできづきません。これなら鳥にも食べられる機会も少ないですね。前よりもきれいな実。ほんのりあおくなってきた紫陽花と一緒に。

    続きを読む
  9. 文章教室…

    最近、文章とか編集とかを教えてほしいというお話が相次いでいて、改めて自身の仕事について考えています。

    続きを読む
  10. あるかしら文庫

    子どもと書店に行ったときに、子どもが「これの中の本を読んでみたい」と。「あるかしら文庫」という一角。

    続きを読む
  11. ヒモかわうどん

    昨日はお昼に、ひもかわうどんを武蔵野うどん風に。野菜を添えて肉汁に付けて食べました。子が「ひものようにかわいいうどん!」と。「キモかわ」「ブサかわ」「ヒモかわ」……なるほど、「ヒモかわいい」うどん。新しい…。かわいいです。

    続きを読む
  12. いずれがあやめ、かきつばた

    タイトルは優劣つけがたいいほど素晴らしいものが二つある様子を例えたものだそうです。オフィス近くであやめが咲きました。自分の名前だからというわけではないのですが、菖蒲(文目・アヤメ)、杜若(カキツバタ)、菖蒲(ショウブ)と似た花があって、中でもあやめが一番好きです。

    続きを読む
  13. 玉川上水緑道沿いにレンゲ

    先週末、玉川上水緑道沿いをジョギングしていたら、目の前にレンゲが見えました。ロバハウスの屋根。緑道より少し下がったところに立っているので、緑道を歩くと目の高さに屋根があり、そこにレンゲが咲いていたのです。

    続きを読む
  14. Wordで情報誌づくり・東大和市公民館講座で

    5月15日(木)から東大和市立上北台公民館講座「あなたもフリーペーパー編集部員」がスタートします。4月15日(日)発行の市報にも掲載されています(市報はこちらからダウンロード・閲覧できます)。

    続きを読む
  15. あれはウグイスではなくメジロ

    昨日、おとといと編集部の近くのスーパーでメジロを見た。春が近いと思うのは、このウグイス色っぽい色からだろう。ウグイス色っぽい色というのは、メジロの色はウグイス色ではないからだ。そして写真はウグイスと間違われやすいけどメジロだ。

    続きを読む
  16. 雪がものすごく積もった

    昨日の朝はちらついていた…と書いたが、ニュースの予報どおり大雪。昨日参加した武蔵野うどんのモニターツアーは予定どおり催行されたけれども、数件の行き先を残して終了となった。もうこれだけ降ればしょうがないし、すごい雪の中、同行の皆さんと旅したというのは、なんだかそれはそれで楽しかった。

    続きを読む
  17. 話題のお菓子・N.Yキャラメルサンド

    先日のたまきた新年会で、デザイナーのWさんがみんなに一つずつくれたニューヨークキャラメルサンド。東京玉子の会社が作っているお菓子。今人気で、東京駅で1時間以上待って買ったんだそう。クッキーの中にパリッとしたチョコ、その中にとろっとしたキャラメル。新食感。

    続きを読む
  18. 日本エレキテル連合凱旋ライブ@東村山

    昨日は、たまきた冬号でインタビューした、日本エレキテル連合の凱旋ライブに行ってきた。久しぶりの生の舞台。私は昔小さな劇団にいたのだけど、就職してから稽古と両立できず、そのまま芝居はやめてしまった。一時期は芝居なくして生きていけないくらいに思っていたときもある。

    続きを読む
  19. そこにいることは当然じゃない

    「続けることが大事」というけれども、結構難しいことだなと最近思う。お店とか、サービスとか、人とか、たいがいの周りのものはある程度の期間そこにあると、あって当たり前になってしまう。

    続きを読む
  20. ねこまんについての抱負

    ねこまんは、たまきたの公式キャラクター。ねこと肉まんがドッキングしたというのは、たまきた秋号の四コママンガのとおり。ウェブ限定四コマはこちらねこまんは仕事やボランティア活動、家事育児、勉強など、とにかく頑張る人間のところに現れて、その人を見た感じで考えた教訓を言うのが特徴。

    続きを読む

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る