女性起業

  1. 子どもにお弁当を作ってもらう

    明日、『たまきたPAPER』冬号の原稿を印刷屋さんに出す日です。昨日、子どもが塾に行く前に、お弁当を作ってオフィスにやってきました。この時期に晩御飯を作らないで済む。すごくありがたいです。卵焼きやウインナーをハートにしてあります。女子。女子です。子育ては、随分楽になりました。

    続きを読む
  2. 「ママでないもの」になろうとしていた(2)

    写真は先日見かけた芙蓉の花です。潔い白。潔白ですね。芙蓉(ふよう)という読みを思い浮かべると、「扶養」という漢字も一緒に頭に浮かびます。ママと扶養、というのもまた、そのうちいろいろ提言したいところです。ちょっと強引にママに結び付けましたか。

    続きを読む
  3. 「ママでないもの」になろうとしていた(1)

    昨日、たまきたのスタッフをしてみたいという方がオフィスに来てくださいました。小さいお子さんがいるママさんで、お互いに子育てなどなどのお話もたくさんしました。その中で、「最近、たまきたがママたちの活動を取り上げてくれていると喜んでいる人が周りにいます」と言っていただきました。

    続きを読む
  4. 人は動いていく

    たまきた発行前後、なかなか会社から動けず昨日やっと、できたてパンフを持ちつつ、たまきたも一部自分が担当なのをお届け。一包4キロの紙を雨の中、濡れてしまうしこれはなかなか…でも今週今日明日しか動けないぞと己を励ましつつ、小平、東村山。ここのところ会社付近から離れられず、現場に行けていなかった。

    続きを読む
  5. 雪とインフルと風邪

    今月に入ってからスタッフの幼稚園生のお子さんがインフルエンザになり、治ったと思ったらきょうだいが風邪で熱を出して、ということが続いた。こうなると子育てを一人で抱えつつ働く女性はてんてこ舞いだ。

    続きを読む
  6. 「包摂的起業」として取材を受ける

    昨日、ご縁があって経済産業省の方々(3人いらっしゃった)に取材を受けた。国際会議で「包摂的起業」に関する発表の事例としてお話を聞きたいとのこと。

    続きを読む

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る