地域

  1. 経営者と創業志望者とママと子ども

    8月4日は、東大和市創業塾のOB有志で年3回ほどやっているイベントでした。東大和市創業塾有志会 https://www.facebook.com/higasiyamatosougyoujyuku/起業に関するセミナーと、グループディスカッションと、中小企業診断士の先生のご講和。

    続きを読む
  2. クロスワードパズル大人気(応募は明日までです)。

    たまきた春号は先日から「足りません」とお知らせしているとおり、あちらこちらで在庫なしになっていて、冬号のエレキテル連合さんインタビューやフリーペーパー大賞で認知度が上がったのか、アンケートからみるに小さいお子さんがねこまんを楽しんでくれているのか、クロスワードファンが増えたのかと分析中です。

    続きを読む
  3. 人は動いていく

    たまきた発行前後、なかなか会社から動けず昨日やっと、できたてパンフを持ちつつ、たまきたも一部自分が担当なのをお届け。一包4キロの紙を雨の中、濡れてしまうしこれはなかなか…でも今週今日明日しか動けないぞと己を励ましつつ、小平、東村山。ここのところ会社付近から離れられず、現場に行けていなかった。

    続きを読む
  4. 地域力がリンクしはじめた

    たまきた以外にも文書、印刷物の制作をいろいろしているので、文字言葉にかかわるバラエティー豊かな案件がある。起業すると決めて東大和でたまきたを発行して、2年。

    続きを読む
  5. 私たちは本当は何を知りたいか?

    自分も文章や印刷物の作り手であるし、ものづくりの話を扱うことが多い。作家さん、職人さんや、アーティスト、その感動的な作品に出会う。その人たちは、人間だ。当たり前だけど、その人たちは人間で、作品そのものではない。作品はその人の一部を表現したものかもしれない。

    続きを読む
  6. 人も街もたまきたも、深掘りが面白い

    私は、「うちは深掘りです」とよく言う。私が得意とするインタビューは、取材対象を深く知り、そこにある物語を浮き彫りにすることなので、媒体全体がそうなる。

    続きを読む
  7. 雪とインフルと風邪

    今月に入ってからスタッフの幼稚園生のお子さんがインフルエンザになり、治ったと思ったらきょうだいが風邪で熱を出して、ということが続いた。こうなると子育てを一人で抱えつつ働く女性はてんてこ舞いだ。

    続きを読む
  8. 玉川上水沿いのうつくしきもの

    たまきた編集部から10分ほど歩くと玉川上水緑道に出られる。よくここをジョギングをしている。ジョギングなのに、よく立ち止まってしまう。派手さはないが、小さくてかわいいもの、きれいなものが、たびたび出現するからだ。

    続きを読む
  9. みんなのフリーペーパー完成

    たまきたPAPER、WEBで、編集長が講師を務めます…とお知らせしてきた、東大和市上北台公民館講座「まちを知って、みんなでつくるフリーペーパー」。受講生の皆さんが作ったフリーペーパーを、同公民館の蓑田館長がたまきた編集部に届けてくれた。

    続きを読む

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る