Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

東京都薬用植物園でカタクリの花

武蔵村山市の野山北・六道山公園でカタクリの花が見られるのをご存じの方も多いと思います。群生している場所があり、カタクリの花を目当てに来園される方も多いようです。

カタクリは、発芽して開花するまでに7~8年かかる植物です。しかも開花したあとはすぐに枯れてしまうため、ス024プリング・エフェメラル、「春のはかない植物」「春の妖精」などと呼ばれます。

小平市の東京都薬用植物園でも、カタクリの花が見られるのをご存じでしょうか?

※右の写真は4/6(水)に東京都薬用植物園で撮影したものです

気温が高くなり、ほかにも珍しいたくさんの花が咲いています。日本ではほとんど見かけることのできないチョウセンレンギョウも開花しています。

5月にはケシ・アサ試験区で、都内ではここでしか見られないケシの花も間近に見られます。
※詳しくは『たまきたPAPER 4月号』をご覧ください。薬用植物園内にも設置していただいています

桜も見頃の今~新緑の5月の美しさはもちろん、季節ごとに、1日ごとにそれぞれの植物たちが違う顔を見せてくれる薬用植物園。日々の散歩を、深く面白くしてくれる場所です。

 

006001

012

017

 

 

 

 

 

※クリックで拡大できます

東京都薬用植物園 住所 東京都小平市中島町21-1/電話 042-341-0344

関連記事

コメントは利用できません。

一橋学園付近を歩く

今日はAMお打ち合わせをしたあと、一橋学園駅付近のお店などに、たまきたを持ってご挨拶。 20代…

在宅ワークの呼び名

昨日の投稿をしてから、在宅ワークの○○というので、いろいろやっていたのだった…と思い返していると同時…

「包摂的起業」として取材を受ける

昨日、ご縁があって経済産業省の方々(3人いらっしゃった)に取材を受けた。国際会議で「包摂的起業」に関…

月曜日の朝のなりたい気分

何かの始まりをどう過ごすかに、最近注目し始めた。昔はお正月とか新学期とか週明けとかそういうことにこだ…

山と街が交差する・そんなすぐにキャッチは出ない

武蔵村山に来ると、急に空が広い気がする。今日は富士山が積雪していて、光って見えた。 某ショッピング…

ページ上部へ戻る