眞蔵先生のプチ英会話

眞蔵先生は、東大和市の認定こども園「こども学園」に勤める事務員さん。外国人講師のマネジメントなどもしています。オーストラリア出身で、立川市在住です。『たまきたPAPER』2019年春号「たまきた人」をご覧ください。たまきた春号は、現在、街で配布中。下記からオンラインでも読めます。

『たまきたPAPER』2019年春号では、眞蔵先生の「いきなり!英会話」も読めます。併せて読んで、国際交流をはじめましょう♪

『たまきたPAPER』最新号

 

こんにちは! 東大和市のこども学園で事務員として働いている、眞蔵将夢(まくら しょうん)です。
外国人と英語で話すのは緊張しますね。でも、リラックスした雰囲気で少し英語にチャレンジしましょう! 完ぺきに言えないのは当然のこと。それを分かった上で、「間違ってもいいや」という心を作りましょう。

16年以上教師として働き、いろいろなことが気付きました。大人教室で英語を教える時に、いつも同じ初レッスンを行います。日本と同じくボディーランゲージが大事です。でも、日本と外国の受け入れ方が違う時もあるんです。

① 外国人は目が合わない人を信頼できない…だから、頑張ってアイコンタクトを取りましょう。
② マイスペース、スキンシップがない…話す時に腕一本ぐらい離れて話す。これだとスキンシップもできないよね。
③ 年齢、配偶者の有無、体重などを聞くのは失礼です。

では、レッスンスタート!

①   「How are you?(調子はどう)」と聞かれたら

学校で習うのは、「I fine, thank you.」…でも、実はほとんどこれは言わないし、ちょっと冷たく感じる時もあるんです。
「I’m great(元気元気)」,「 Not bad(普通、まあまあ)」がおすすめ。
「 A little under the weather(ちょっと体調不良)」だったらもっとかっこいいよ。

② 「 What’s your name?(あなたは何という名前?)」と聞かれたら

「My name is…」と覚えている人が多いよね。幼稚園時代から習っているけど、「This is a pen」と同じく、言いそうで言わない。名前を聞かれた時は、そのまま名前を言っても大丈夫です。
「What’s your name?」→「 Taro.」
自己紹介をする時は「I’m Taro.」でOKだよ。

③ 会話をもっと続けるには

「What about you?」「and you?」 「How about you?」のような、「あなたはどう?」と返しましょう。
「What did you think? (どう思った?)」「Did you enjoy it?(好きだった?)」「 Me too(私も!)」なども使うともっと会話が広がります。
この簡単な表現で会話は進みやすいです。自分から質問するのも大事だよ。

いくつか会話を覚えたら、自然な会話を作れます。英会話をするときは、先にいつもと違う質問を考えておこう。

答えるだけだと会話に参加したくない雰囲気になるから、「あなたはどう?」も時々言ってね。話し相手が言ったことに「What did you think?(どう思った?)」などと言うと、素敵な会話になります。

最後に…
Remember: be brave and speak up! 新しい友達が見つかるかもしれない 😉

眞蔵将夢(まぐら・しょうん)

眞蔵先生が勤めるこども学園はこちら

 

<関連記事>

『たまきたPAPER』最新号

たまきた編集長「あやめ日報」東日本大震災とショーン先生(眞蔵先生)

 

関連商品

  1. 小平市十三小と「歌う公務員」が記念ソングでコラボ

    小平市立小平第十三小学校と、小平市の「歌う公務員」市川裕之さんが同学校の設立50周年記念ソング『十三小の校庭で』を制作し、10月20日の記念式典で演奏されます。 市川さんは、1年前に発行した『たまきたPAPER』「たまきた人」でインタビューさせていただいた小平市役所職員。「Big市川」として地域で小平市をモチーフにした歌を制作、イベントなどで演奏する活動をしています。

  2. 松延康さんの理科実験授業レポート@小平市・学園東小学校

    6月29日に小平市の学園東小学校で開催されたPTA主催イベント「1dayキャンパス in 学園東小学校 アルギン酸アクアドーム」(理科教育研究フォーラム 夢・サイエンス)にお邪魔してきました。理科教育研究フォーラム 夢・サイエンスは、現在配布中の『たまきたPAPER2018年夏号』でインタビューさせていただいた、松延康さんが主宰されています。

ねこまん教訓カード

Twitter

<a class=”twitter-timeline” href=”https://twitter.com/tamakita_paper?ref_src=twsrc%5Etfw”>Tweets by tamakita_paper</a> <script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

ページ上部へ戻る