,

多摩湖周辺 自然・文化めぐり&立ち寄りグルメ

**【『たまきたPAPER』2016年秋号掲載記事を再編集】**

カフェなどの店舗について、現在の情報も調べて追記修正していますが営業内容が変更になっている場合もあります。お確かめの上お出かけください。

現在の新刊はこちらで読めます

たまきた地域を代表する景観スポット・多摩湖。東京でありながら周辺には豊かな自然が残り、歴史や文化に触れられる神社仏閣も点在しています。ウォーキング・ジョギング・サイクリングで澄んだ空気と地元グルメを味わいながら、のんびり秋の小旅行をしませんか?

 

■狭山公園

公園の堤防から多摩湖を一望することができる。11月下旬から雑木林は黄色や紅色に染まり、トウカエデの林や宅部池(通称「たっちゃん池」)周辺のイロハモミジが色めく。

住所:東村山市多摩湖町3-17-19
電話:042-393-0154(狭山公園パークセンター)

 

■東大和市立狭山緑地 フィールドアスレチック

雑木林が広がる自然内にターザンロープやにんじゃわたり、クモの巣のぼりなどの天然木でできたフィールドアスレチックがある。秋には落ち葉やどんぐり拾いも楽しめる。


住所:東大和市奈良橋1丁目地内
電話:042-563-2111(環境課 緑化推進係) 042-565-0593 (狭山緑地管理事務所)

■東大和公園

多摩湖の南にあり、狭山丘陵の中で最も美しい雑木林の残る公園。秋になると子供たちがドングリを拾ったり、ふかふかの落ち葉のじゅうたんを踏みしめたりしながら散策できる。

住所:東大和市湖畔3丁目、高木1丁目、狭山3丁目
電話:042-393-0154(狭山公園パークセンター)

 

■天王山 雲性寺

1439年に創建されたといわれる、真言宗豊山派の寺。石段の上に立つ風格ある山門は箱根本陣の一の門として使われていたもの。秋には境内のいちょうが美しく色づく。

(第4回東大和市まちフォトコンテスト応募作品「雲性寺めずらしい山門」)

住所:東大和市奈良橋1-363
電話:042-561-0842

 

■豊鹿嶋神社

707年創建といわれる東大和市内で最古の神社。本殿は都内に現存する最古にして唯一の室町時代(1466年)建立の神社建築で、東京都の有形文化財に指定されている。

 

住所:東大和市芋窪1-2067
電話:042-561-2858

 

 

Illuminazione(イッルミナツィオーネ)

住宅街にある小さなイタリアンカフェで休憩


住所:東村山市多摩湖町4-32-55
営業時間:12:00~16:00
18:00~22:00
定休日:火曜(水曜は夜のみ)

 

石庭こまち

古民家風のお座敷で特製手打ちうどんを

住所:東村山市廻田町2-7-3
電話:042-398-3399
営業時間:11:30~14:00
17:00~20:00(夜:要予約)
定休日:火曜、第2日曜、月曜

 

きくや

昔ながらの素朴な武蔵野うどんを味わう

住所:東村山市廻田町2-12-13
電話:042-394-9141
営業時間:11:00~売切り終了(平日13:30、土休日14:00頃)
定休日:月曜

 

金曜日のパンや

体に優しい国産小麦と3種の天然酵母パン

 

 

 

 

 

 

 

 

大和市奈良橋4-647-1 ハイネス102
電話:042-516-9993
営業時間:金曜11:00~18:30(夏季・冬季休業あり)

 

お菓子工房ドゥー・プティット・スール

塩のケーキが人気・自然素材の菓子店

現在武蔵村山市に移転「お菓子labo ふたりしまい」として開店していらっしゃいます。でも奈良橋のこちらのお店でも一部販売をしているとのこと。詳細をお確かめの上、来店してください

住所:東大和市 奈良橋 4-637-4
電話:042-569-6311

 

この特集で記事や撮影に協力してくれた人

アルキニスト 倶楽部代表 西村洋一さん

「秋の多摩湖周辺は、色づいた木々と水が織りなす景色が魅力です。ウォーキングをするなら、「多摩湖自転車道」がおすすめ。西武多摩湖線「武蔵大和駅」から西武新宿線「小川駅」までの自転車道を歩く半日コースは「東村山浄水場」・「東村山中央公園」と併せて、四季折々の景色を楽しむことができます。野火止用水沿いを歩いてたどり着く小川の街はノスタルジックな表情を見せてくれます。

ウォーキングクラブ「アルキニスト倶楽部」では、芸術、文化、グルメ体験などを組み込んだウォーキングツアーを開催しています。歩いて体を健康にし、食べて体に力を与え、体験や知識で心を豊かにするツアーで、参加者に豊かな人生を提供したいと考えています。ツアーでは、約30本のイベントウォーキング実績があるアルキニストが案内役を務めます。秋は紅葉を楽しむツアーも開催。私たちと一緒に「アルキニスト」になって、歩き旅をしませんか?」

■ツアーの詳細・お申し込み・お問合せ
アルキニスト倶楽部
HP http://arukinist.wix.com/arukinist
FB https://www.facebook.com/arukinist

※アルキニスト…単に歩くことが好きな人のことではなく、好奇心や旺盛な観察力をもって旅を楽しみ、豊かに人生を謳歌する人のこと

関連商品

  1. 『たまきたPAPER』最新刊公開中

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

  2. 岩田ユキさん(映画監督)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。小平市在住の映画監督、岩田ユキさんにお話を伺った記事を掲載しました。

  3. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第6回「交通事故から身を守ろう②」

    たまきた春号掲載「交通事故から身を守ろう①」では、東大和市のスクールガードボランティア・広瀬さん、田中さんと小学生の保護者・齋藤さんに、通学路の交通安全についてお話を伺いました。「交差点で立ち止まる、たった1秒か2秒で左右の安全が確認できる」というお話の中で、「カーブミラー(道路反射鏡)でも安全確認ができる。交差点では、放課後の自転車事故もたくさん起きている」という話題も出たのです。

  4. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第3回「デコ防犯ブザーをつくろう」

    2016年7月25日(月)に、夏休み特別企画として「たまきた×子どもの危険回避研究所 デコ防犯ブザーワークショップ」を開催しました。 今回はその様子をレポートします! デコレーションの先生は、東大和市で雑貨店「MIMOZA」を営む比留間さん。(2016年秋号「たまきた人」にも登場してくれています)。 美術大学に通う「まるちゃん」も、絵の具デコレーションのアドバイザーとして参加です

  5. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第4回「鍵ケースを使おう」

    第4回の「デコ防犯ブザーをつくろう」では、UVレジンでデコレーションする防犯ブザーワークショップの様子をレポートしました。 今回は、毛糸や布でできた「鍵ケース」をご紹介。自分だけのおしゃれな防犯ブザーと鍵ケースで、楽しく防犯グッズを使いましょう。

  6. 第四話 東大和のステンドグラス工房

    スポットライト 技ある場所を照らす灯―貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。 そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。 ―多摩湖にほど近い場所にあるコンクリートづくりの工房は、東京で初めてて11月の積雪を観測したこの日、白く透明な雪に包まれ静謐(せいひつ)さを増していた。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る