,

武蔵村山でみかん狩り

(本記事は2015年10月31日の創刊号特集を再編成したものです)

晩秋を迎えて、果物狩りのシーズンもそろそろ終わりです。
でも武蔵村山では、今まさに「みかん」が旬を迎えるところ。市内のみかん農園では毎年11月上旬から12月までみかん狩りが楽しめます。
都内では珍しいみかん狩りスポットが、たまきた地域なら「ちょっと採ってこようか」と言える距離。もぎたてを味わいに、ぶらりと出かけてみませんか。

どうして武蔵村山でみかん?

武蔵村山市でみかん栽培を始めたのは、「下田園」初代の下田九一さんです。
下田さんは戦後、食糧となるムギやサツマイモを栽培していました。食糧事情が良くなり、ほかの作物も栽培したいと考えていたときに小学校時代の先生から「狭山丘陵の斜面を生かしてみかんをつくったら」という助言を受け、昭和35年、3軒の農家でみかん栽培を始めました。

今よりも気温が低かった当時、「東京では温かい気候で育つみかんを作れない」というのが常識でした。でも狭山丘陵の南斜面は日当たりと水はけがよく北風が当たらないので、寒さを除けばみかんの栽培に向いていたのです。試行錯誤を繰り返して気温の問題を克服し、みかんの木を徐々に増やしていきました。みかん栽培は周辺の農家にも広がり、現在、みかん狩りができる規模のみかん農園が市内に6軒。首都圏では数少ないみかんの産地となっています。

どんな味のみかんがとれる?

栽培を始めた当初は気温が低いために酸っぱいみかんしかできませんでしたが、栽培技術の進歩や温暖化のため、徐々に糖度が上がっていきました。
今では酸味と甘みのバランスが良いみかんが採れるようになり、「武蔵村山のみかんは甘くて味が濃い」と評判に。「みかん羊かん」などの加工品も登場しています。

 

【創刊号こぼれ話】

創刊号の表紙とこの特集の記事の中には、みかんの絵が登場します。WEBで公開されているみかんのイラストには思うようなものがなく、イラストレーターでもないのに自分で表紙のみかんの絵を描くことに。特集内ではもう少しほのぼのしたみかんの絵がほしかったので、思いつきで娘に描いてもらったところ、なんともかわいいみかんができたので即採用。母子が描いたみかんの絵が共演しています。

ちなみに、私はIllustratorというソフトで、娘はスマホのお絵かきアプリで描きました。この話については、2016年にたまきたについて取材していただいた読売新聞さんにも掲載されています。

 

編集長が描いたみかん

編集長の娘(当時小5)が描いたみかん

 

メディア掲載

 

関連商品

  1. ゆるやかに境界を越えて行き交う ちいさい秋津みつけた

    たまきたの地域で秋の話題と言って秋津というのは安易な発想かと思いつつ、秋津にどうしても行ってみたくなった。 10年ほど前に仕事で新秋津駅付近の商店街に行ったことがあったが、何か目立つものがあったという記憶はない。しかし本誌に関わる2人の女性が立て続けに秋津駅前にあるという「コラボカフェ」のことを語ってくれて、そのスタッフの方からの、本誌についての感想も人づてに聞こえてきた。何か秋津という地に招かれているような感覚を覚え、ある休日に秋津駅周辺を訪ねた。

  2. 多摩湖周辺 自然・文化めぐり&立ち寄りグルメ

    【秋の多摩湖さんぽ】【『たまきたPAPER』2016年秋号掲載記事を再編集】 たまきた地域を代表する景観スポット・多摩湖。東京でありながら周辺には豊かな自然が残り、歴史や文化に触れられる神社仏閣も点在しています。ウォーキング・ジョギング・サイクリングで澄んだ空気と地元グルメを味わいながら、のんびり秋の小旅行をしませんか?

  3. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  4. 比留間めぐみさん(「ママ・マルシェ」運営代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。東大和市で定期的にマルシェを開催するママ・マルシェ代表の比留間めぐみさんにお話を伺った記事です。比留間さんは2014年から東大和市で開催し、今秋8回目を迎えるママフェスタ「ママ・マルシェ」運営代表。雑貨店「MIMOZA」の店主で、同市内で3人のハンドメイド作家と出店する雑貨店「4*fiore」のオーナー。小学生3児の母。

  5. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第3回「デコ防犯ブザーをつくろう」

    2016年7月25日(月)に、夏休み特別企画として「たまきた×子どもの危険回避研究所 デコ防犯ブザーワークショップ」を開催しました。 今回はその様子をレポートします! デコレーションの先生は、東大和市で雑貨店「MIMOZA」を営む比留間さん。(2016年秋号「たまきた人」にも登場してくれています)。 美術大学に通う「まるちゃん」も、絵の具デコレーションのアドバイザーとして参加です

  6. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第2回「安全マップをつくろう」

    今回のまちあるきには、横矢さんと子ども研究員に、お姉さん研究員のカオルさんが仲間入り。一緒にまちを歩きます。第1回の安全チェックポイント探しからステップアップして、安全チェックポイントを書き込んだマップづくりにも挑戦! 夏休みに水遊びをするときの安全予習に、水辺を歩いて安全をチェックしました。安全マップづくりは自由研究にもおすすめです。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る