,

武蔵村山でみかん狩り

(本記事は2015年10月31日の創刊号特集を再編成したものです)

晩秋を迎えて、果物狩りのシーズンもそろそろ終わりです。
でも武蔵村山では、今まさに「みかん」が旬を迎えるところ。市内のみかん農園では毎年11月上旬から12月までみかん狩りが楽しめます。
都内では珍しいみかん狩りスポットが、たまきた地域なら「ちょっと採ってこようか」と言える距離。もぎたてを味わいに、ぶらりと出かけてみませんか。

どうして武蔵村山でみかん?

武蔵村山市でみかん栽培を始めたのは、「下田園」初代の下田九一さんです。
下田さんは戦後、食糧となるムギやサツマイモを栽培していました。食糧事情が良くなり、ほかの作物も栽培したいと考えていたときに小学校時代の先生から「狭山丘陵の斜面を生かしてみかんをつくったら」という助言を受け、昭和35年、3軒の農家でみかん栽培を始めました。

今よりも気温が低かった当時、「東京では温かい気候で育つみかんを作れない」というのが常識でした。でも狭山丘陵の南斜面は日当たりと水はけがよく北風が当たらないので、寒さを除けばみかんの栽培に向いていたのです。試行錯誤を繰り返して気温の問題を克服し、みかんの木を徐々に増やしていきました。みかん栽培は周辺の農家にも広がり、現在、みかん狩りができる規模のみかん農園が市内に6軒。首都圏では数少ないみかんの産地となっています。

どんな味のみかんがとれる?

栽培を始めた当初は気温が低いために酸っぱいみかんしかできませんでしたが、栽培技術の進歩や温暖化のため、徐々に糖度が上がっていきました。
今では酸味と甘みのバランスが良いみかんが採れるようになり、「武蔵村山のみかんは甘くて味が濃い」と評判に。「みかん羊かん」などの加工品も登場しています。

 

【創刊号こぼれ話】

創刊号の表紙とこの特集の記事の中には、みかんの絵が登場します。WEBで公開されているみかんのイラストには思うようなものがなく、イラストレーターでもないのに自分で表紙のみかんの絵を描くことに。特集内ではもう少しほのぼのしたみかんの絵がほしかったので、思いつきで娘に描いてもらったところ、なんともかわいいみかんができたので即採用。母子が描いたみかんの絵が共演しています。

ちなみに、私はIllustratorというソフトで、娘はスマホのお絵かきアプリで描きました。この話については、2016年にたまきたについて取材していただいた読売新聞さんにも掲載されています。

 

編集長が描いたみかん

編集長の娘(当時小5)が描いたみかん

 

メディア掲載

 

関連商品

  1. ②「肉汁うどん発祥の店」

  2. 旬のたまきたレシピ~はちみつトマト~

    夏、たまきた地域の農産物直売所を彩る真っ赤なトマト。よく熟れているのにハリがあって新鮮なトマトが手に入るのは、農業が盛んなたまきた地域ならでは。リコピン、βカロテン、クエン酸などの栄養素を含むトマトをたくさん食べて、ばてやすい夏を乗り切りましょう。

  3. たまきた人 比留間めぐみさん(「ママ・マルシェ」運営代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。東大和市で定期的にマルシェを開催するママ・マルシェ代表の比留間めぐみさんにお話を伺った記事です。比留間さんは2014年から東大和市で開催し、今秋8回目を迎えるママフェスタ「ママ・マルシェ」運営代表。雑貨店「MIMOZA」の店主で、同市内で3人のハンドメイド作家と出店する雑貨店「4*fiore」のオーナー。小学生3児の母。

  4. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

  5. 「満月うどん」訪問

    たまきた2017年冬号から武蔵野うどんのお店や読者のエピソードなどを連載する「武蔵野うどん探訪記」をスタートしました。今回は、バックナンバーから武蔵村山市の「満月うどん」を掲載します。

  6. 第五話 武蔵村山の畳店

    貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る