,

農家の食卓 カリフラワーの天ぷら

食材を生み出す人が、おいしい食べ方を一番よく知っているはず。
農家さんに聞いた旬の野菜の意外な食べ方、ご紹介します。

カリフラワーの天ぷら

【材料(3人分)】
カリフラワー 1個の半分
米粉 100g
水  180ml
卵 1個

【作り方】
➀ カリフラワーを洗い、一口大の小房に切り分ける
➁ 米粉、水、卵を合わせて混ぜる
➂ ➀を➁にからめて180℃の油で揚げる

【ワンポイントアレンジ】
天ぷらは小麦粉ではなく米粉を使って軽くカリカリに。カリフラワーの柔らかさとともに食感が楽しめます。

教えてくれた人
武蔵村山市・下田みかん園 下田智道 さん

武蔵村山市周辺では、11~12月に採れる野菜です。この料理は、人に話すと「作ったことがない」といわれますが、我が家ではよく食卓に上っていました。
天つゆではなくて、しょうゆをかけて食べるのがおすすめです。

レシピアレンジ&調理
はらだ あやめ


本誌編集長。保育士&調理師の免許を持つ。レシピクリエーターとしても活動。たまきた地域の食材を使った新レシピを考案し、本誌のほか『たまきたWEB』、Facebookなどで公開中。

関連商品

  1. 比留間めぐみさん(「ママ・マルシェ」運営代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。東大和市で定期的にマルシェを開催するママ・マルシェ代表の比留間めぐみさんにお話を伺った記事です。比留間さんは2014年から東大和市で開催し、今秋8回目を迎えるママフェスタ「ママ・マルシェ」運営代表。雑貨店「MIMOZA」の店主で、同市内で3人のハンドメイド作家と出店する雑貨店「4*fiore」のオーナー。小学生3児の母。

  2. 『たまきたPAPER』最新刊公開中

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

  3. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第3回「デコ防犯ブザーをつくろう」

    2016年7月25日(月)に、夏休み特別企画として「たまきた×子どもの危険回避研究所 デコ防犯ブザーワークショップ」を開催しました。 今回はその様子をレポートします! デコレーションの先生は、東大和市で雑貨店「MIMOZA」を営む比留間さん。(2016年秋号「たまきた人」にも登場してくれています)。 美術大学に通う「まるちゃん」も、絵の具デコレーションのアドバイザーとして参加です

  4. 小長井 徳治さん(志成塾塾長)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、『たまきたPAPER』創刊号でインタビューさせていただいた小長井徳治さんの記事をUP。東大和市で約30年にわたり学習塾を開き、地域の家庭に頼られる存在です。

  5. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  6. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る