,

比留間めぐみさん(「ママ・マルシェ」運営代表)

**【『たまきたPAPER』2016年秋号掲載記事を再編集】**

現在の新刊はこちらで読めます…2018-19冬号は、比留間さんと同じく地域を盛り上げているたくさんのママが登場します。どうぞオンラインで、街でPAPERを手に取ってお読みください!

たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。
今回は、東大和市で開催されるママフェスタの運営代表をつとめる比留間めぐみさんさんにお話を伺いました。

比留間めぐみさん
2014年から東大和市で開催し、今秋8回目を迎えるママフェスタ「ママ・マルシェ」運営代表。
雑貨店「MIMOZA」の店主で、同市内で3人のハンドメイド作家と出店する雑貨店「4*fiore」のオーナー。
小学生3児の母。

―ママ・マルシェを立ち上げたきっかけは?
私は、3人目の子どもを出産する前は看護師として働いていました。
産後に一度復帰したのですが子どもの健康の問題もあり、退職したんです。
そのとき子育てで悩むことがあって、たまたま目にした公民館の子育てに関する講座に参加しました。
その講座の仲間と「ハートフルママ」という子育てサークルを立ち上げたのですが、その仲間の一人と「家で眠っているお母さんの能力を発表する場が欲しいね」という話をしていたんです。
私自身、趣味で雑貨を作っていて売る場が欲しかったのですが、子ども連れでハンドメイド作品を販売するイベントに参加するのは難しくて参加できずにいました。
そこでその仲間と、同じような思いを持ったお母さんたちに声をかけて、6人で「ママ・マルシェ」というサークルを作りました。
そこから東大和市中央公民館のホールをお借りして、保育室に子どもを預けてマルシェを開催するという話が進みました。

比留間さんの作品。メンテナンスもしている。「長く使ってもらえるのがうれしい。ママの自分へのご褒美としてよく買ってもらっています」

 

―初回の開催から盛況でしたね。
はい。ブースを出してくれる人がいるかどうかも不安でしたが、お菓子やハンドメイド雑貨の販売、ワークショップ、ダンス体験など31の出展者が集まってくれました。
お客さまも、第1回は50人くらいだと見込んでいたのですが、実際は600人近い人が来てくれて驚きました。

―その後、ご自身に何か変化がありましたか。
趣味で作っていた作品を、当時東村山市にあった「ハートの実」という雑貨店に委託して販売するようになりました。
でも、2015年の1月ごろにそのお店が閉店することが決まったんです。
それを残念に思い、同じようにそこで委託販売をしていたハンドメイド作家の2人、「ハートの実」のオーナー、私の4人でなら新しくお店を出せるのではないかと相談しました。
そこですぐに空き店舗を探して、4月には「4*Fiore」をオープンしました。

―どのようなお店なのでしょうか。
4人のオーナーの作品や、問屋さんから仕入れた服、雑貨などを販売しています。
ほかの作家さんの委託販売ブースもあります。手作り雑貨ワークショップなどのイベントもたくさんの方に参加していただいています。
マルシェではNPO法人の方に出展していただくためのブース枠を用意しているんですが、「4*Fiore」でも福祉作業所で作ったお菓子などを販売しています。
そういう団体の方たちを応援して、お互いに知り合えるような場所にもしています。

第1回目のママ・マルシェの様子。年に2~3回のペースで開催している。現在は1,000人近い人が訪れる人気イベントに成長した。

 

―今後はどんな活動をしていきたいですか。
今、チョークアートを学んでいるので、その講師資格を取りたいと思っています。
雑貨はインターネット販売やイベント出展など、お店の外でも活動していきたいですね。
ママ・マルシェについては、立ち上げ当時から「地域で人のつながりを作って、何かあったら助け合える、子どもも安心して暮らせる街にしたい」というテーマがありました。
これまでマルシェをやってきて、実際に子どもが通う小学校以外のお子さんや、お母さんと知り合って、街で会えば挨拶をするようになったんです。
今後のマルシェも、「4*Fiore」も、そういうコミュニティーやつながりがどんどん生まれる場にしたいと思っています。

※2018/11/30現在、「4*Fiore」は閉店していますが、ママ・マルシェは引き続き毎年開催、定期的に講座も開催して活躍していらっしゃいます。

ママ・マルシェのブログはこちら

関連商品

  1. ゆるやかに境界を越えて行き交う ちいさい秋津みつけた

    たまきたの地域で秋の話題と言って秋津というのは安易な発想かと思いつつ、秋津にどうしても行ってみたくなった。 10年ほど前に仕事で新秋津駅付近の商店街に行ったことがあったが、何か目立つものがあったという記憶はない。しかし本誌に関わる2人の女性が立て続けに秋津駅前にあるという「コラボカフェ」のことを語ってくれて、そのスタッフの方からの、本誌についての感想も人づてに聞こえてきた。何か秋津という地に招かれているような感覚を覚え、ある休日に秋津駅周辺を訪ねた。

  2. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第3回「デコ防犯ブザーをつくろう」

    2016年7月25日(月)に、夏休み特別企画として「たまきた×子どもの危険回避研究所 デコ防犯ブザーワークショップ」を開催しました。 今回はその様子をレポートします! デコレーションの先生は、東大和市で雑貨店「MIMOZA」を営む比留間さん。(2016年秋号「たまきた人」にも登場してくれています)。 美術大学に通う「まるちゃん」も、絵の具デコレーションのアドバイザーとして参加です

  3. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第1回「安全チェックポイントを探そう」

    子どもの危険回避研究所は、「むやみに怖がらずに危険に立ち向かえる親子になる」ことを目的に活動している研究所です。所長の横矢真理さんとたまきたが出会って『たまきたPAPER』内に研究室を開設。横矢さんが見込んだ新米子ども研究員と一緒に、たまきた地域の街を歩いて、安全に暮らすためにどんなところに気を付ければいいのかを調査します!

  4. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  5. 『たまきたPAPER』最新刊公開中

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

  6. 第四話 東大和のステンドグラス工房

    スポットライト 技ある場所を照らす灯―貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。 そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。 ―多摩湖にほど近い場所にあるコンクリートづくりの工房は、東京で初めてて11月の積雪を観測したこの日、白く透明な雪に包まれ静謐(せいひつ)さを増していた。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る