,

旬のたまきたレシピ~はちみつトマト~

原田あやめの

たまきた旬レシピ~はちみつトマト~

夏、たまきた地域の農産物直売所を彩る真っ赤なトマト。よく熟れているのにハリがあって新鮮なトマトが手に入るのは、農業が盛んなたまきた地域ならでは。リコピン、βカロテン、クエン酸などの栄養素を含むトマトをたくさん食べて、ばてやすい夏を乗り切りましょう。

〇原田あやめ…『たまきたPAPER』編集長で、保育士&調理師の免許を持つ中学生のママ。野菜大好き。武蔵村山・東大和・小平・東村山などの素材を使って、家族で楽しめるおもしろおいしいレシピを考案しています。このレシピは2016年たまきた夏号で掲載したレシピ。デザート感覚でトマトをたくさん食べられます。トマトを漬けたあとのハチミツ液も、おいしくて栄養たっぷりです。

【材料 4人分】

・トマト大2個 ・はちみつ適量
※作りたい量によって調節してください
※皮をむいて口当たりも◎

【作り方】

① トマトの皮を湯むきする
② 湯むきしたトマトを一口大に切る
③タッパーなどの保存容器にトマトを入れ、トマトが3分の2ひたるくらいのはちみつを入れ1時間置く

ワンポイント★トマトの皮の湯むき

1.お尻に十字に切れ目を入れる

写真がずれているし切れない包丁で切ったのが丸わかり。ごめんなさい。

2.へたのほうにフォークを刺して熱湯にくぐらせる

ぐるっと1周、全体をお湯につけます。

3.冷水につける

簡単につるんと皮がむけます。気持ちいい!

 

 

アレンジメニュー 「はちみつトマト × 冷たい麺」

はちみつトマトの甘みと酸味は、冷たい麺と相性抜群。冷やし中華などに載せればフルーティーで優しい味になるので、お子さまも食べやすくなります。
はちみつトマト、モツァレラチーズ、オリーブオイル、塩こしょうを合わせて冷たいパスタにからめた「はちみつトマトカペリーニ」もおすすめです。

麺料理だって言ってるのに麺が全然見えません。本当にもう…。創刊間もなくならでは。

 

<関連リンク>

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

関連商品

  1. 武蔵村山でみかん狩り

    武蔵村山市は、都内では珍しいみかん狩りが楽しめるスポットです。これからみかん狩りの時期を迎えるので、『たまきた PAPER』創刊号で好評をいただいた「武蔵村山でみかん狩り」の記事をWEBページに再編成してお届けします。創刊号こぼれ話もあります。

  2. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第2回「安全マップをつくろう」

    今回のまちあるきには、横矢さんと子ども研究員に、お姉さん研究員のカオルさんが仲間入り。一緒にまちを歩きます。第1回の安全チェックポイント探しからステップアップして、安全チェックポイントを書き込んだマップづくりにも挑戦! 夏休みに水遊びをするときの安全予習に、水辺を歩いて安全をチェックしました。安全マップづくりは自由研究にもおすすめです。

  3. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

  4. たまきた人 大久保光さん (プロライダー)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、東大和市出身で世界で活躍するレーシングチーム「Kawasaki Puccetti Racing Team」所属のライダー・大久保光さんのインタビューを掲載しました(2018年秋号より)。

  5. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  6. ②「肉汁うどん発祥の店」

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る