,

旬のたまきたレシピ~はちみつトマト~

原田あやめの

たまきた旬レシピ~はちみつトマト~

夏、たまきた地域の農産物直売所を彩る真っ赤なトマト。よく熟れているのにハリがあって新鮮なトマトが手に入るのは、農業が盛んなたまきた地域ならでは。リコピン、βカロテン、クエン酸などの栄養素を含むトマトをたくさん食べて、ばてやすい夏を乗り切りましょう。

〇原田あやめ…『たまきたPAPER』編集長で、保育士&調理師の免許を持つ中学生のママ。野菜大好き。武蔵村山・東大和・小平・東村山などの素材を使って、家族で楽しめるおもしろおいしいレシピを考案しています。このレシピは2016年たまきた夏号で掲載したレシピ。デザート感覚でトマトをたくさん食べられます。トマトを漬けたあとのハチミツ液も、おいしくて栄養たっぷりです。

【材料 4人分】

・トマト大2個 ・はちみつ適量
※作りたい量によって調節してください
※皮をむいて口当たりも◎

【作り方】

① トマトの皮を湯むきする
② 湯むきしたトマトを一口大に切る
③タッパーなどの保存容器にトマトを入れ、トマトが3分の2ひたるくらいのはちみつを入れ1時間置く

ワンポイント★トマトの皮の湯むき

1.お尻に十字に切れ目を入れる

写真がずれているし切れない包丁で切ったのが丸わかり。ごめんなさい。

2.へたのほうにフォークを刺して熱湯にくぐらせる

ぐるっと1周、全体をお湯につけます。

3.冷水につける

簡単につるんと皮がむけます。気持ちいい!

 

 

アレンジメニュー 「はちみつトマト × 冷たい麺」

はちみつトマトの甘みと酸味は、冷たい麺と相性抜群。冷やし中華などに載せればフルーティーで優しい味になるので、お子さまも食べやすくなります。
はちみつトマト、モツァレラチーズ、オリーブオイル、塩こしょうを合わせて冷たいパスタにからめた「はちみつトマトカペリーニ」もおすすめです。

麺料理だって言ってるのに麺が全然見えません。本当にもう…。創刊間もなくならでは。

 

<関連リンク>

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

関連商品

  1. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第6回「交通事故から身を守ろう②」

    たまきた春号掲載「交通事故から身を守ろう①」では、東大和市のスクールガードボランティア・広瀬さん、田中さんと小学生の保護者・齋藤さんに、通学路の交通安全についてお話を伺いました。「交差点で立ち止まる、たった1秒か2秒で左右の安全が確認できる」というお話の中で、「カーブミラー(道路反射鏡)でも安全確認ができる。交差点では、放課後の自転車事故もたくさん起きている」という話題も出たのです。

  2. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第7回「指定収集ぶくろうと街をきれいにしよう」

    これまでの連載で、何度か「汚いところやごみをきちんとしていないところは悪いことをされやすいところ」というお話をしました。 街をきれいにすることは、街を安全にするために大事なことなのです。 そこで今回は、ごみの収集に関心を持ってもらうために東大和市で活躍している「指定収集ぶくろう」について、こども研究員のくーみんとお姉さん研究員のカオルさんが、東大和市のごみ対策課の方にお話を聞きに行きました!

  3. ゆるやかに境界を越えて行き交う ちいさい秋津みつけた

    たまきたの地域で秋の話題と言って秋津というのは安易な発想かと思いつつ、秋津にどうしても行ってみたくなった。 10年ほど前に仕事で新秋津駅付近の商店街に行ったことがあったが、何か目立つものがあったという記憶はない。しかし本誌に関わる2人の女性が立て続けに秋津駅前にあるという「コラボカフェ」のことを語ってくれて、そのスタッフの方からの、本誌についての感想も人づてに聞こえてきた。何か秋津という地に招かれているような感覚を覚え、ある休日に秋津駅周辺を訪ねた。

  4. たまきた人 土崎 幸惠さん (「らっこの会」代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。 今回は、東村山市で活動する親の会「らっこの会」の代表をつとめる土崎幸惠さんにお話を伺いました。

  5. 第五話 武蔵村山の畳店

    貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。

  6. たまきた人 大久保光さん (プロライダー)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、東大和市出身で世界で活躍するレーシングチーム「Kawasaki Puccetti Racing Team」所属のライダー・大久保光さんのインタビューを掲載しました(2018年秋号より)。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る