,

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

原田あやめの

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

 

大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

〇原田あやめ…『たまきたPAPER』編集長で、保育士&調理師の免許を持つ中学生のママ。野菜大好き。武蔵村山・東大和・小平・東村山などの素材を使って、家族で楽しめるおもしろおいしいレシピを考案しています。このレシピは2016年たまきた冬号で好評だった大根クッキー。大根のくせはなく、あっさりしかもインパクト大。自慢のレシピです。

 

◎大根クッキーのつくりかた

▲こちらの動画は、2016年のたまきた冬号制作のときに編集長が大根クッキーを作り、編集長の子どもが動画編集しました。編集長の動きも動画編集もつたないのでご了承ください…

 

■材料(9枚分)

すりおろした大根 50g(固くしぼった状態で)/マーガリン 50g/砂糖20g/はちみつ 20g/卵黄1個分/小麦粉110g/スキムミルク20g/ベーキングパウダー 小さじ半分/バニラエッセンス 少々/チョコレート30~50g/お好みでクルミなどのナッツ20g

■つくりかた

① 室温に戻したマーガリン、砂糖、はちみつを混ぜる
② 卵黄、スキムミルク、バニラエッセンスを加えてさらに混ぜる
③ すりおろして絞った大根を加えて混ぜる
④ 小麦粉、ベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ヘラでさっくり混ぜる

⑤ 粗く刻んだチョコレートとナッツを入れて全体を混ぜる
⑥ クッキングシートの上で9等分にし平らに丸める
⑦ 余熱したオーブンで、170℃、17~20分、きつね色になるまで焼く

※焼き時間はオーブンによって調整してください

大根は丸めて置いて形が崩れないくらい絞る

 

つくりかた③のタイミングで大根を入れると分離しない

 

焼きたてはフワフワ、冷めるとサックリ

 

関連商品

  1. 農家の食卓 カリフラワーの天ぷら

    食材を生み出す人が、おいしい食べ方を一番よく知っているはず。農家さんに聞いた旬の野菜の意外な食べ方、ご紹介します。今回は、カリフラワーです!

  2. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第1回「安全チェックポイントを探そう」

    子どもの危険回避研究所は、「むやみに怖がらずに危険に立ち向かえる親子になる」ことを目的に活動している研究所です。所長の横矢真理さんとたまきたが出会って『たまきたPAPER』内に研究室を開設。横矢さんが見込んだ新米子ども研究員と一緒に、たまきた地域の街を歩いて、安全に暮らすためにどんなところに気を付ければいいのかを調査します!

  3. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

  4. たまきた人 土崎 幸惠さん (「らっこの会」代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。 今回は、東村山市で活動する親の会「らっこの会」の代表をつとめる土崎幸惠さんにお話を伺いました。

  5. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第7回「指定収集ぶくろうと街をきれいにしよう」

    これまでの連載で、何度か「汚いところやごみをきちんとしていないところは悪いことをされやすいところ」というお話をしました。 街をきれいにすることは、街を安全にするために大事なことなのです。 そこで今回は、ごみの収集に関心を持ってもらうために東大和市で活躍している「指定収集ぶくろう」について、こども研究員のくーみんとお姉さん研究員のカオルさんが、東大和市のごみ対策課の方にお話を聞きに行きました!

  6. 保護中: 『たまきたPAPER』2018年冬号

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る