,

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

原田あやめの

たまきた旬レシピ~大根クッキー~

 

大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

〇原田あやめ…『たまきたPAPER』編集長で、保育士&調理師の免許を持つ中学生のママ。野菜大好き。武蔵村山・東大和・小平・東村山などの素材を使って、家族で楽しめるおもしろおいしいレシピを考案しています。このレシピは2016年たまきた冬号で好評だった大根クッキー。大根のくせはなく、あっさりしかもインパクト大。自慢のレシピです。

 

◎大根クッキーのつくりかた

▲こちらの動画は、2016年のたまきた冬号制作のときに編集長が大根クッキーを作り、編集長の子どもが動画編集しました。編集長の動きも動画編集もつたないのでご了承ください…

 

■材料(9枚分)

すりおろした大根 50g(固くしぼった状態で)/マーガリン 50g/砂糖20g/はちみつ 20g/卵黄1個分/小麦粉110g/スキムミルク20g/ベーキングパウダー 小さじ半分/バニラエッセンス 少々/チョコレート30~50g/お好みでクルミなどのナッツ20g

■つくりかた

① 室温に戻したマーガリン、砂糖、はちみつを混ぜる
② 卵黄、スキムミルク、バニラエッセンスを加えてさらに混ぜる
③ すりおろして絞った大根を加えて混ぜる
④ 小麦粉、ベーキングパウダーを合わせてふるい入れ、ヘラでさっくり混ぜる

⑤ 粗く刻んだチョコレートとナッツを入れて全体を混ぜる
⑥ クッキングシートの上で9等分にし平らに丸める
⑦ 余熱したオーブンで、170℃、17~20分、きつね色になるまで焼く

※焼き時間はオーブンによって調整してください

大根は丸めて置いて形が崩れないくらい絞る

 

つくりかた③のタイミングで大根を入れると分離しない

 

焼きたてはフワフワ、冷めるとサックリ

 

関連商品

  1. ゆるやかに境界を越えて行き交う ちいさい秋津みつけた

    たまきたの地域で秋の話題と言って秋津というのは安易な発想かと思いつつ、秋津にどうしても行ってみたくなった。 10年ほど前に仕事で新秋津駅付近の商店街に行ったことがあったが、何か目立つものがあったという記憶はない。しかし本誌に関わる2人の女性が立て続けに秋津駅前にあるという「コラボカフェ」のことを語ってくれて、そのスタッフの方からの、本誌についての感想も人づてに聞こえてきた。何か秋津という地に招かれているような感覚を覚え、ある休日に秋津駅周辺を訪ねた。

  2. 武蔵村山でみかん狩り

    武蔵村山市は、都内では珍しいみかん狩りが楽しめるスポットです。これからみかん狩りの時期を迎えるので、『たまきた PAPER』創刊号で好評をいただいた「武蔵村山でみかん狩り」の記事をWEBページに再編成してお届けします。創刊号こぼれ話もあります。

  3. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第4回「鍵ケースを使おう」

    第4回の「デコ防犯ブザーをつくろう」では、UVレジンでデコレーションする防犯ブザーワークショップの様子をレポートしました。 今回は、毛糸や布でできた「鍵ケース」をご紹介。自分だけのおしゃれな防犯ブザーと鍵ケースで、楽しく防犯グッズを使いましょう。

  4. 小長井 徳治さん(志成塾塾長)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、『たまきたPAPER』創刊号でインタビューさせていただいた小長井徳治さんの記事をUP。東大和市で約30年にわたり学習塾を開き、地域の家庭に頼られる存在です。

  5. 岩田ユキさん(映画監督)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。小平市在住の映画監督、岩田ユキさんにお話を伺った記事を掲載しました。

  6. 多摩湖周辺 自然・文化めぐり&立ち寄りグルメ

    【秋の多摩湖さんぽ】【『たまきたPAPER』2016年秋号掲載記事を再編集】 たまきた地域を代表する景観スポット・多摩湖。東京でありながら周辺には豊かな自然が残り、歴史や文化に触れられる神社仏閣も点在しています。ウォーキング・ジョギング・サイクリングで澄んだ空気と地元グルメを味わいながら、のんびり秋の小旅行をしませんか?

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る