,

「満月うどん」訪問

2017年夏号で掲載した特集記事「暑気払うスローフード 武蔵野うどんノスタルジー」。
記事を読んだ地域の方から、次々と武蔵野うどんの思い出が語られました。
地域にとっての武蔵野うどんをもっと知ってお伝えするために、2017年冬号から武蔵野うどんのお店や読者のエピソードなどを連載する「武蔵野うどん探訪記」をスタートしました。

満月うどん

地粉を使った糧うどんでも、特に武蔵村山地域の伝統食とうたわれる「村山うどん」が食べられるお店です。
褐色で強いコシのある麺はこれぞ武蔵野うどんと思わせる歯ごたえ。とろける豚バラ肉となす、油揚げの入ったうま味の強いつけ汁と麺、それぞれが味を生かし合います。
麺に添えられた野菜の「糧」、天ぷらや割り湯、メニューごとに工夫された薬味など、おいしく食べるための心遣いで、「武蔵野うどん欲」が満たされました。

 

住宅街にありながら、自然豊かな旅先の郷土食料理店のようなたたずまい。持ち帰りの生うどんは地元の人の定番。

 

「肉つけ汁」(730円)。自分ですったごまを加える「ごまつけ汁」(680円)も人気。カレーうどんなど季節のメニューも。

村山 満月うどん
◆住所 武蔵村山市三ツ木1-12-10 ☎042-560-3559
◆営業時間 11:00~15:00 ※金・土は11:00~15:00
18:00~21:00(月曜・第三火曜 定休)

関連商品

  1. 『たまきたPAPER』最新刊公開中

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

  2. 比留間めぐみさん(「ママ・マルシェ」運営代表)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。東大和市で定期的にマルシェを開催するママ・マルシェ代表の比留間めぐみさんにお話を伺った記事です。比留間さんは2014年から東大和市で開催し、今秋8回目を迎えるママフェスタ「ママ・マルシェ」運営代表。雑貨店「MIMOZA」の店主で、同市内で3人のハンドメイド作家と出店する雑貨店「4*fiore」のオーナー。小学生3児の母。

  3. 小長井 徳治さん(志成塾塾長)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、『たまきたPAPER』創刊号でインタビューさせていただいた小長井徳治さんの記事をUP。東大和市で約30年にわたり学習塾を開き、地域の家庭に頼られる存在です。

  4. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  5. 第四話 東大和のステンドグラス工房

    スポットライト 技ある場所を照らす灯―貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。 そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。 ―多摩湖にほど近い場所にあるコンクリートづくりの工房は、東京で初めてて11月の積雪を観測したこの日、白く透明な雪に包まれ静謐(せいひつ)さを増していた。

  6. ゆるやかに境界を越えて行き交う ちいさい秋津みつけた

    たまきたの地域で秋の話題と言って秋津というのは安易な発想かと思いつつ、秋津にどうしても行ってみたくなった。 10年ほど前に仕事で新秋津駅付近の商店街に行ったことがあったが、何か目立つものがあったという記憶はない。しかし本誌に関わる2人の女性が立て続けに秋津駅前にあるという「コラボカフェ」のことを語ってくれて、そのスタッフの方からの、本誌についての感想も人づてに聞こえてきた。何か秋津という地に招かれているような感覚を覚え、ある休日に秋津駅周辺を訪ねた。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る