,

子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第7回「指定収集ぶくろうと街をきれいにしよう」

これまでの連載で、何度か「汚いところやごみをきちんとしていないところは悪いことをされやすいところ」というお話をしました。
街をきれいにすることは、街を安全にするために大事なことなのです。
そこで今回は、ごみの収集に関心を持ってもらうために東大和市で活躍している「指定収集ぶくろう」について、こども研究員のくーみんとお姉さん研究員のカオルさんが、東大和市のごみ対策課の方にお話を聞きに行きました!

東大和市のごみ収集袋に「ごみぶくろう」がいます

 

指定収集ぶくろうって何?

東大和市のごみ袋やごみ排出カレンダーに登場している、ごみの指定収集袋×フクロウのキャラクター。
おなかには市章が描かれています。
平成26年10月、東大和市で一部のごみが有料になったときに、市民の皆さんにごみに興味を持ってもらうきっかけになるために生まれました。

「私も大学のイベントでキャラクターづくりをしたことがあって、指定収集ぶくろうに興味があります!」とカオルさん。職員さんと、ごみの出し方について意見交換もできました。

 

誰がつくっているの?

東大和市のごみ対策課の職員の皆さんでどんなキャラクターにするか意見を出し合って、一人の職員さんが絵にしています。

 

 

指定収集ぶくろうのお話をしてくれた東大和市ごみ対策課 小島さん(左) 吉岡さん(右)(2017年10月当時)より…「フクロウは『不苦労』といって縁起がいい鳥だといわれています。神話では知恵と学問の象徴とされています。指定収集袋で出す決まりのごみを、レジ袋などで出してあるために回収できないというようなことがあるのですが、「指定収集ぶくろう」が載っているごみ排出カレンダーなどを楽しく見ていただいて、ごみの捨て方のルールを見直すきっかけになったらうれしいです」

 

 

指定収集ぶくろうを描いている 佐藤さんのお話

職員同士でアイデアを出し合っていて、「私が作ります!」と手を上げて指定収集ぶくろうを形にする担当になりました。

それまでイラストを描いたことはなくて、Microsoft Excelの図形描画機能を使って、初めてのキャラクターづくりだったんです。
小さなお子さんにも興味を持ってもらえる、かわいい絵になるようにと考えて作っています。
自分がかわいいと思えなければ、ほかの人もかわいいと思えないと思うので、「この顔の角度、かわいい! 最高!」と自分が納得できるまでこだわります。
これからは、指定収集ぶくろうをほかの職員も作れるようにしていきたいんですが、市民の方から「かわいい!」という声をいただくと、やっぱり「これからもずっと私が作りたい!」と思ってしまいます(笑)。

市役ごみ収集課の窓口のあみぐるみも佐藤さんの手作り

 

こちらの親子は、現在育児休業中の佐藤さんがお休みに入る直前に描いた新パターンの一つ。「休業に入る前にこれだけは!と思って一生懸命描きました」

ペットボトルリサイクルの豆知識

つぶして捨てる? そのまま捨てる?
地域の資源ステーションに捨てるときは、つぶしてください。
ペットボトルをたくさんトラックに載せられるので、収集する担当の方も助かるそうです。

縦につぶすのはNG
ペットボトルは、縦につぶすと、選別する機械がペットボトルを異物と認識してしまいます。
横からつぶしてください。

つぶしてはいけないときもあります
スーパーなどにあるペットボトル自動回収機では、つぶすと回収できないことがあります。
つぶさないでお店に持っていきましょう。

 

子どもの危険回避研究所所長・横矢真理さんのおはなし

「キャラを作った方、支える方の愛情って、見るものに自然に伝わってくるものなんですね。ごみ袋が何とも愛らしく見えるんですから。そして、指定収集ぶくろうを応援して街を綺麗にしたくなるからたいしたものです。
大好きキャラです。他の街でも街の安全に貢献している魅力的なキャラがいたら教えてくださいね!」

横矢さんプロフィール
平成2年より、子どもを取り巻く危険や環境に関する研究に携わる。
平成11年より、「親子で生きる力を養う」ためのサイト「子どもの危険回避研究所」を主宰・運営し、子どもに関わる事故・犯罪・災害などの情報を提供。
著作に『「まさか」の犯罪・事故からわが子を守る7つのルール』(講談社)など。

関連商品

  1. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第6回「交通事故から身を守ろう②」

    たまきた春号掲載「交通事故から身を守ろう①」では、東大和市のスクールガードボランティア・広瀬さん、田中さんと小学生の保護者・齋藤さんに、通学路の交通安全についてお話を伺いました。「交差点で立ち止まる、たった1秒か2秒で左右の安全が確認できる」というお話の中で、「カーブミラー(道路反射鏡)でも安全確認ができる。交差点では、放課後の自転車事故もたくさん起きている」という話題も出たのです。

  2. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  3. たまきた人 大久保光さん (プロライダー)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、東大和市出身で世界で活躍するレーシングチーム「Kawasaki Puccetti Racing Team」所属のライダー・大久保光さんのインタビューを掲載しました(2018年秋号より)。

  4. 安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第3回「デコ防犯ブザーをつくろう」

    2016年7月25日(月)に、夏休み特別企画として「たまきた×子どもの危険回避研究所 デコ防犯ブザーワークショップ」を開催しました。 今回はその様子をレポートします! デコレーションの先生は、東大和市で雑貨店「MIMOZA」を営む比留間さん。(2016年秋号「たまきた人」にも登場してくれています)。 美術大学に通う「まるちゃん」も、絵の具デコレーションのアドバイザーとして参加です

  5. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第4回「鍵ケースを使おう」

    第4回の「デコ防犯ブザーをつくろう」では、UVレジンでデコレーションする防犯ブザーワークショップの様子をレポートしました。 今回は、毛糸や布でできた「鍵ケース」をご紹介。自分だけのおしゃれな防犯ブザーと鍵ケースで、楽しく防犯グッズを使いましょう。

  6. 第四話 東大和のステンドグラス工房

    スポットライト 技ある場所を照らす灯―貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。 そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。 ―多摩湖にほど近い場所にあるコンクリートづくりの工房は、東京で初めてて11月の積雪を観測したこの日、白く透明な雪に包まれ静謐(せいひつ)さを増していた。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る