,

子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第4回「鍵ケースを使おう」

子どもの危険回避研究所 たまきた研究室

第4回の「デコ防犯ブザーをつくろう」では、UVレジンでデコレーションする防犯ブザーワークショップの様子をレポートしました。
今回は、毛糸や布でできた「鍵ケース」をご紹介。
自分だけのおしゃれな防犯ブザーと鍵ケースで、楽しく防犯グッズを使いましょう。

鍵は人から見えないようにして持とう

防犯ブザーは、誰からも見えるところに付けるもの。
怖い人が近づいてきたときに鳴らすのはもちろん、「あの子は防犯ブザーを持ってるな」と分かると怖い人が近づきにくくなるのです。
でも、鍵も防犯ブザーみたいに見えるところに付けていることはありませんか?
鍵は、隠しておいたほうが安全なもの。
見えるところに鍵を付けておくと、怖い人が「あの子は鍵を持ってるな、ついていったら家の鍵を開けるときに一緒に中に入れるな」と思って近づいてくることがあるのです。

ランドセルの肩紐に鍵ケースと防犯ブザーを付けて。洋服とのコーディネートもばっちり!

 

かわいくてラクラク鍵ケース

でも、ランドセルやかばんから鍵を出すのってめんどうだから、取り出しやすいところに付けておきたい。
そんなときに役立つのが鍵ケースです。
雑貨屋さんやインターネット、いろいろなところで買えますが、おすすめは「リールキーホルダー」が使えるケース。
ランドセルなどに付けて鍵を引っ張ると、リールが伸びてラクに鍵を開けられます。
マンションの入口のように、かざして開けるタイプの鍵でも布ならケースごと「ピッ」。
ラミネート加工してある布なら、鍵を雨から守ってくれます。

シュッと伸ばせて、自動的に戻るリールキーホルダーなら素早く鍵を出して、素早くおうちに入れます。

放課後はズボンのベルト通しに付けるのがおすすめ

 

ケースに鍵を入れて使ってみよう!

こども研究員・くーみんが、雑貨屋さんにお願いして鍵ケースを作ってもらいました。
「自分で好きな布を選びたい!」できた鍵ケースは「かわいい!」早速ランドセルに付けて登校しました。
「今までランドセルのポケットに入れていて取り出しにくかったけど、これならすぐ鍵を開けられるね」。
ホームセンターなどで売っている、より丈夫なリールキーホルダーを使えば壊れたり鍵をなくしたりすることも少なくなります。

あみぐるみで作ったケースもキュート

ちょっと大人っぽい柄もGood。鍵ケース制作 Handmade MIMOZA

 

形はもちろん四角でなくても大丈夫。
保護者の方やお友達と、一緒にオリジナルの鍵ケースを作ってみるのも楽しそうですね!

● 横矢さんの感想
鍵の持ち歩き方を考えて、変えていくのは、とてもいいことだと思います。
キーホルダーに壊れたところがないか、持ち方に何か欠点がないかもチェックしてくださいね。
実際に鍵ケースを使われている方で、ご意見やご感想も伺えるとうれしいです。
情報交換して、子どもの安全度を高めましょう!

☆子どもの危険回避研究所のウェブサイトでも危険回避に関する情報発信中!
『るっからん』
http://kikenkaihi.org/

横矢さんプロフィール
平成2年より、子どもを取り巻く危険や環境に関する研究に携わる。
平成11年より、「親子で生きる力を養う」ためのサイト「子どもの危険回避研究所」を主宰・運営し、子どもに関わる事故・犯罪・災害・虐待・環境問題などの情報を提供。
『「まさか」の犯罪・事故からわが子を守る7つのルール』(講談社)、など著作多数。

関連商品

  1. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

  2. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第6回「交通事故から身を守ろう②」

    たまきた春号掲載「交通事故から身を守ろう①」では、東大和市のスクールガードボランティア・広瀬さん、田中さんと小学生の保護者・齋藤さんに、通学路の交通安全についてお話を伺いました。「交差点で立ち止まる、たった1秒か2秒で左右の安全が確認できる」というお話の中で、「カーブミラー(道路反射鏡)でも安全確認ができる。交差点では、放課後の自転車事故もたくさん起きている」という話題も出たのです。

  3. 第四話 東大和のステンドグラス工房

    スポットライト 技ある場所を照らす灯―貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。 そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。 ―多摩湖にほど近い場所にあるコンクリートづくりの工房は、東京で初めてて11月の積雪を観測したこの日、白く透明な雪に包まれ静謐(せいひつ)さを増していた。

  4. 「満月うどん」訪問

    たまきた2017年冬号から武蔵野うどんのお店や読者のエピソードなどを連載する「武蔵野うどん探訪記」をスタートしました。今回は、バックナンバーから武蔵村山市の「満月うどん」を掲載します。

  5. 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第7回「指定収集ぶくろうと街をきれいにしよう」

    これまでの連載で、何度か「汚いところやごみをきちんとしていないところは悪いことをされやすいところ」というお話をしました。 街をきれいにすることは、街を安全にするために大事なことなのです。 そこで今回は、ごみの収集に関心を持ってもらうために東大和市で活躍している「指定収集ぶくろう」について、こども研究員のくーみんとお姉さん研究員のカオルさんが、東大和市のごみ対策課の方にお話を聞きに行きました!

  6. 乙幡国広さん(花火写真家)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。今回は、武蔵村山市出身の花火写真家、乙幡国広さんにお話を伺いました。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る