,

安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第1回「安全チェックポイントを探そう」

安全な町ってどんな町? 子どもの危険回避研究所 たまきた研究室 第1回「安全チェックポイントを探そう」

子どもの危険回避研究所は、「むやみに怖がらずに危険に立ち向かえる親子になる」ことを目的に活動している研究所です。
所長の横矢真理さんとたまきたが出会って『たまきたPAPER』内に研究室を開設。横矢さんが見込んだ新米子ども研究員と一緒に、たまきた地域の街を歩いて、安全に暮らすためにどんなところに気を付ければいいのかを調査します!

横矢さんってどんな人?
平成2年より、子どもを取り巻く危険や環境に関する研究に携わる。
平成11年より、「親子で生きる力を養う」ためのサイト「子どもの危険回避研究所」を主宰・運営し、子どもに関わる事故・犯罪・災害・虐待・環境問題などの情報を提供。
『「まさか」の犯罪・事故からわが子を守る7つのルール』(講談社)、など著作多数。

 

 

 

 

 

階段の下やごみがあるところは危ないところ
それでは早速、まちあるきスタートです。メモとカメラを手に、「危なそうな場所はないかな?」

歩き出して1分もたたないうちにチェックポイントを発見しました。そこはアパートの外階段の裏側。

 


よく見ると、下には大きなごみが積んであります。
「まわりから見えにくいから、悪いことをしやすいの。子どもをねらう人が隠れやすいし、奥に裏道があるから、逃げやすくてより危険だね」と横矢さん。
「手前の、誰でも停められる駐車場の車にも近づかないようにね」。
「いつも通るけど、ここが危ないって思わなかった」。危険を意識しながら歩いてみると、気づくのです。

荒れた場所・ルール違反がある場所には怖い人が近づきやすい
公園の横を通ると、たくさんのごみが積んでありました。


「ルール違反のため収集できません」と書いてあるシールが貼ってあります。「ここにはいつもこんなごみがあるよ」と子ども研究員。
「ルール違反をしているところには、ルール違反をする人が寄ってくるのよ」と横矢さん。
ほかにもルール違反を探していると、「あれ? 看板の絵が途中で消えてるね」。
「古くなって修理が必要なものがそのままになっているのは危ないところなんだよ。街の人や管理する人がこの場所をよく見ていませんよっていう合図になっちゃうから、犯罪をする人が近づきやすいの」。

 

近くの家に同じお花が咲いているところは安心ってどうして?
学校の近くまで歩いていくと、今度はきれいな看板がありました。
「横矢さん、ここは安全?」
「そうだね、きれいにしてあるところや見守りカメラがあるところは、安全度が高くなるね。それから、こういう家の前の花だんも効果的なんだって。近いおうち同士で同じ花を育てているようなところは特に!」。

「どうして?」
「ご近所同士が仲良くて、つながりが強い場所では、悪いことをしにくくなるの。お水をやりながらお隣と立ち話をしたり、一緒にきれいにそうじをしているところには、顔を見られたくない人は近寄りにくいんだね」 。
「じゃあ、私たちもゴミをかたづけよう」と、さっそくゴミを拾う子ども研究員。
頼もしいですね。お疲れさまでした!

横矢さんの感想
危険なポイントを見つける力がついたから、これからずっと役立ちますよ!
それから今回は、途中で「何をしてるの?」って声をかけられたり、注意をはらってくれる方が多くて、意識が高い地域だなと感じました。
子どもに関心を持って見てくれる人が多いと助かります。いつもありがとうございます!

 

子ども研究員が産経新聞2016年3月9日号に載りました!

関連商品

  1. たまきた旬レシピ~大根クッキー~

    大根は一年中手に入るお野菜ですが、寒さで甘味を増した冬の大根はまた格別! この大根をたっぷり使った、スイーツをご紹介します。意外なくらいたくさん大根を使うこのレシピ。大根でさっぱりした生地に、ゴロゴロナッツとざっくり割りのチョコレートの触感で止まらないおいしさです。

  2. 「満月うどん」訪問

    たまきた2017年冬号から武蔵野うどんのお店や読者のエピソードなどを連載する「武蔵野うどん探訪記」をスタートしました。今回は、バックナンバーから武蔵村山市の「満月うどん」を掲載します。

  3. 冬こそ! らく・うまパーティーしよう!

    親戚や友人、職場で集まる機会も増えるこの季節。テレビや雑誌には素敵なテーブルコーディネートやレシピが溢れ、こんなパーティーができたらと憧れてしまいますよね。しかし現実は子育てや仕事に追われなかなか準備に時間をかけられず、予定日が近づくと気分が重くなったりすることも…。

  4. 多摩湖周辺 自然・文化めぐり&立ち寄りグルメ

    【秋の多摩湖さんぽ】【『たまきたPAPER』2016年秋号掲載記事を再編集】 たまきた地域を代表する景観スポット・多摩湖。東京でありながら周辺には豊かな自然が残り、歴史や文化に触れられる神社仏閣も点在しています。ウォーキング・ジョギング・サイクリングで澄んだ空気と地元グルメを味わいながら、のんびり秋の小旅行をしませんか?

  5. 『たまきたPAPER』最新刊公開中

    ■ もくじ ■ 特集 ママが温める街角/武蔵野うどん探訪記/読者おすすめのお店/ねこまん通信/旬のたまきたレシピ/プレゼント付クロスワードパズル/初詣案内(参拝の作法と神社のご案内)

  6. 岩田ユキさん(映画監督)

    たまきた地域で活躍する人にインタビューする「たまきた人」。小平市在住の映画監督、岩田ユキさんにお話を伺った記事を掲載しました。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る