,

東大和市子育て応援BOOKプロジェクト(4)第1回編集会議

 

先日のアンケート結果を集計し、大まかに立てておいた企画が的を射ていることを確認。さらにこの結果と市民編集委員の皆さんとの会議で、企画内容を固めていきます。

今日はその企画会議の1回目。皆さん仕事があったりもするので全員集合はできませんでしたが、東大和市子ども家庭支援センターのスタッフさん含め、総勢11人プラスお子さん3人の会議になりました。畳スペースでお子さん方も遊ぶ中会議。これこそ子育て応援BOOKです!

皆さんに自己紹介してもらいつつ、現状を話してもらうと、またいろいろなことが見えてきました。やっぱり、今まさに小さいお子さんの子育てをしている方々のリアルな声、とても参考になります。

アンケートがあるので座談会という形にはしない予定でしたが、編集会議かつ座談会のような感じに。

子ども家庭支援センターのK所長は男性ですので、男性目線の話も聞けました。

 

皆さん共通していたのは、ママだけじゃない、パパ、おじいちゃんおばあちゃんはもちろん、地域の人みんなに読んでほしい、子どもがいない人にも、地域に子どもがいることが楽しいと思ってもらいたいということでした。

『たまきたPAPER』も、子育てBOOKも、これから弊社がつくっていく制作物も、どんどんリンクさせていけそうです。

そして、この子育てBOOKに関わる企画も、進行することになりました。ああ、強力なマンパワーがたくさん。『たまきたPAPER』スタッフもいますし、心強いです。

企画とは一体何なのか?についてもまた、レポートします!

 

この会議についての編集長の感想はこちら→

関連商品

  1. 『もっと東やまと』地域情報誌<オンライン版>

    2018年5月~7月にかけて行われた講座「あなたもフリーペーパー編集部員」で受講生が制作したフリーペーパーをオンラインで公開しています。たまきたは、『たまきたPAPER』を発行するだけではなく、地域の皆さんの情報発信を、印刷物の編集制作や講座運営などでサポートしています。

  2. 東大和市子育て応援BOOKプロジェクト(2)

    去る10月、東大和市子育て応援BOOKプロジェクトの打ち合わせを子ども家庭支援センター「かるがも」にて。子育て応援BOOKは市民編集員と一緒に作ることになり、『たまきたPAPER』編集長の原田がこちらの編集長も務めます。 原田は今中学2年生の子どもが2歳のときまで、この「かるがも」に週3回は来ていたので、とてもなつかしく感じます。

  3. 東大和市子育て応援BOOKプロジェクト(1)

    『たまきたPAPER』を発行する株式会社ことの葉舎が、東大和市子ども家庭支援センターと協働で子育て応援情報誌を制作することになりました。現在、企画が進行中。制作の過程も、随時こちらの『たまきたWEB』や『たまきたPAPER』でレポートします。子育てのことはママや家庭の中に限らず、教育はもちろん経済活動、芸術活動、あらゆることにつながっています。子育てを新たな切り口に、地域を盛り上げていきたいと思いますので、ご注目ください!

  4. 東大和子育て応援BOOK(仮)フライヤー

    東大和市の子育て応援BOOK、フライヤー(の原稿)ができました。「ママだけではなく、家族も地域もみんなで子育てできたらいいね」という先日の編集部会議の内容を入れ込み、方向やテーマが固まり、こんな内容に。

  5. 東大和市子育て応援BOOKプロジェクト(3)ママパパ100人アンケート

    1週間後に実施と急きょ決まったアンケートの準備を進め、前日夕方にアンケート原稿の確認が終わり、当日の朝を迎え、印刷。この急っぷりで100も集まるのか、正直不安でした。いや弱気でどうする!と100部刷って、ねこまんを連れ、『たまきたPAPER』を持って、アルバイトAさんと共に東大和市立保健センターへ。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る