小平市十三小と「歌う公務員」が記念ソングでコラボ

小平市立小平第十三小学校と、小平市の「歌う公務員」市川裕之さんが同学校の設立50周年記念ソング『十三小の校庭で』を制作し、10月20日の記念式典で演奏されます。
市川さんは、1年前に発行した『たまきたPAPER』「たまきた人」でインタビューさせていただいた小平市役所職員。「Big市川」の名前で、小平市をモチーフにした歌を制作、イベントなどで演奏する活動をしています。

2017年秋号「たまきた人」市川裕之さん

スマホではタッチ、パソコンではクリックまたはダブルクリックで、フルスクリーンで読むことができます

『十三小の校庭で』の歌詞は、同校の音楽の先生、阿部靖子さんが同小学校の児童たちから学校をイメージする言葉をアンケートで集め、このキーワードから歌詞を編集。同校卒業生の保護者でもある市川さんに作曲の依頼があり、学校の先生と児童、市役所職員のコラボレーションによる記念ソングが実現しました。

市川さんは4人のお子さんが同小学校出身で、「子どもがお世話になった恩返しだと思って、楽しんでやっています」とのこと。

歌詞のアンケートを児童から集めた阿部先生も「『輝く風』『大事な友達』など、子どもたちが書いてくれたいい言葉を集めて歌詞にしたので、歌詞にもぜひ注目してほしい」と話します。

さらに、この曲を、10月20日に開催される同校の50周年記念式典で演奏することが決定。演奏メンバーは阿部靖子さん(ピアノ)、同学校6年生の担任を勤める先生、石井里奈さん(トランペット)、市川裕之さん(アコースティックギター/ボーカル)、市川さんの長男・虹響さん(アコースティックギター/ボーカル)、市川さんと一緒にバンド活動を行っている鈴木由宇太さん(パーカッション)です。

9月14日には、初めて全員がそろってのリハーサルを行いました。この日は同校の早川和男校長先生もリハーサルに同席。「はじめは職員で曲を作ろうという話もありましたが、市川さんが卒業生の保護者の方で、地域で音楽活動をされているということで話がすぐに進み、お願いすることにはりました。子どもたちが出してくれた、十三小の特長でもある芝生の校庭に関するキーワードなどを集めた歌詞なんです」とニコニコ、音楽に体を揺らしながら聴き入っていました。

市川さんは次のように話してくれました。

「当初は、式典で演奏をしてもらえないかということでご依頼をいただいたのですが、こうして曲を作って学校の先生たちともコラボして演奏するところまで来るとは思いませんでした。

子どもたちから学校をイメージする言葉をアンケートで集めて編集した歌詞には、子どもたちの思いがはっきり現れています。それがよく伝わるように、シンプルなメロディーの曲を作りました。以前から『サンバDEぶるべー』など小平をモチーフにした歌を作って演奏していますが、学校とコラボレーションしたのは初めてです。子ども4人がお世話になって恩返しのつもりで楽しんでやっています。

十三小の卒業生の長男もボーカルとギターで参加して、ほかのバンド活動に参加して地域で一緒に演奏している普段ドラムの鈴木がパーカッションもいるというのも地域と学校の交流を象徴していると思うし、十三小の校庭が芝生という歌詞がありますが、この芝生を定着させるまでに、地域に関わる皆さんの努力があったそうなんです。この芝生に関する歌詞が入っていることもあって、地域と学校を象徴する歌になっています。校長先生はじめ、阿部先生もトランペットの先生も、「楽しんでやりましょう!」とノリノリですよ。

今回は50周年の曲ということで作りましたが、僕が参加していないところでも、いろいろなところで使ってもらってかまわないと思っています。こうしてみんなで演奏してバンドっぽく演奏しても、ピアノだけで演奏してもOK。子どもたちにもたくさん口ずさんでもらえたらうれしいですね」。

この日はケーブルテレビJ:COMさんもいらしていて一緒に取材させていただきました。J:COMさんでは9/19(水)の17:00~、22:00~、23:30~の予定で放映されます。記念ソングも一部聞けると思いますので、そちらも併せてご覧ください!

 

早川校長先生

 

市川さんとトランペットの石井さん

 

作曲をした市川さん

 

学校と地域が一体となったようなリハーサル風景が爽やか。

 

関連商品

  1. 東大和市で平和願い音楽イベント―終戦記念日にプロ・アマが集結

    東大和市のカフェバー&ライブスタジオ「Coo(空)」に集まる音楽仲間を中心とした市民音楽サークル「ピースアライブ」が8月15日(水)、東大和市ハミングホール(小ホール)で、第14回 Peace & Musicを開催します(主催:ピースアライブ、協力:カフェバー空)。

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る