Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

武蔵野うどん探訪記(2)~「多摩の武蔵野Oh!うどんツーリズム」発進~

12/4(月)に小平ファーマーズ・マーケットで、「多摩の武蔵野Oh!うどんツーリズム」事業発表会が開催されました。

この事業は、多摩やその周辺で昔から根付いてきたスローフード、武蔵野うどんで北多摩地域に観光客を呼び込むことを目的としています。

内容は、東村山市、小平市、武蔵村山市、東大和市の、たまきた地域を含む北多摩で、うどん打ちなどを体験する日帰りツアーやスマートフォンを使ったデジタルスタンプラリーなど。

事業発表では、事業説明のほか、立派にお昼ご飯(12:00スタートでした)になるサイズの武蔵野うどんの試食が! 以前からたまきたでご紹介している、練馬・石神井公園内の武蔵野うどん店「エン座」さんと、東村山市の「ますや」さんのうどんです。

エン座さんのつやつやでアーティスティックとも思えるうどん、ますやさんの素朴ながら家庭では味わえない、つゆがよくからむうどん。

どちらも小麦粉とつゆの味わい深く、素材だけではなく、地域や食材への思いが練り込まれた武蔵野うどんでした。

ツアーは2018年1月・2月で、場所、内容を変えて3回催行。ツアー発売開始日時は、2017年12月20日(水)10:00。もうすぐ一般にもパンフレットやWEBでの告知が始まりますので、またお知らせいたします!

「武蔵野うどん探訪記」は、たまきた『WEB』/たまきた『PAPER』 両方で展開中。『たまきたPAPER2017-2018年冬号には、このツーリズムでも登場する武蔵村山市の「満月うどん」さんの紹介記事が載っています。

東村山市・「ますや」の肉汁うどん

練馬区・「エン座」の肉汁うどん

「エン座」「ますや」うどんの説明の様子

ツアーでは麦わらを使ったフィンランドの伝統装飾「ヒンメリ」作りも

関連記事

コメントは利用できません。

左のを右にする

左の絵をを右の絵みたいにすることで、絵を描いたら大きく描こうと思わなくても大きくなった。 当たり前…

小平の卓球倶楽部と卓球部

新宿駅に行く道中。小平乗り換えのときにこんな看板。卓球倶楽部と書いてある。卓球をこんなに大きくPRし…

街角まち会議

昨日、銀行に行く途中に東大和の観光事業プラットホーム会議で一緒のまつもとさんにばったり。こんなのやっ…

霙(みぞれ)と縦組

みぞれ と たてぐみ 朝通勤中、霙(みぞれ)が降っていて、みぞれという日本語が美しいなと思った…

東村山で炭火に当たる

昨日、東村山市の某所に原稿確認に。 3月1日発行のたまきた春号に掲載させていただくお店。中に入…

ページ上部へ戻る