編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

五感で感じるトトロの森さんぽに出かけよう

 

東村山エリアで6月9日(土)、街あるきイベント「国宝とトトロの棲む森の散策」が開催されます。主催は、芸術や文化、グルメ体験が組み込まれたウォーキングイベントを企画するアルキニスト倶楽部です。

「アルキニスト」とは、好奇心や観察力をもって旅を楽しみ、豊かに人生を謳歌する人のこと。同倶楽部は、年齢やハンデ関係なく、一人ひとりが適えたい旅を実現することで、心も身体もより健康により豊かになることを目的としています。

巡るコースは約6km。花菖蒲が美しい「北山公園」やトトロの森「八国山」のほか、国宝 「正福寺千躰地蔵堂」、野口のお不動さん「大善院」、新田義貞公の将軍塚など、美しい自然とパワースポットがたくさん。軽いブランチも楽しみます。

東村山駅(9時)→大善院(野口の お不動様)→国宝正福寺「千躰地 蔵堂」→北山公園(菖蒲祭り)→八国山→ブランチ休憩→八国山尾根歩き→久米川古戦場跡→東村山駅(解散12:30頃)

参加者の希望日に合わせた「リクエスト開催」は、多くの方々から寄せられた「スケジュールが合わず参加できない」という声に応えて導入されたそうです。平日に参加したい方にもおすすめです。

午前コースは9時~12時30分ごろ。軽いブランチ、ガイド込みで3,000円。

主催のアルキニスト倶楽部代表・西村洋一さんは、

「昨年、たまきたPAPERさんとのコラボで好評だった東村山の旅を今年も計画しました。東村山は魅力的なスポットがたくさんの素敵なエリアですがその良さがまだあまり知られていません。

縄文時代から人々が暮らしていた遺跡の宝庫で奈良時代から鎌倉時代は街道の交差する交通の要所でもありました。パワースポットも豊富で、東京の寺院建築で唯一の国宝「正福寺千躰地蔵堂」や野口のお不動さん「大善院」、トトロの森「八国山」には豊富な自然が残り、あの新田義貞公の足跡も残っています。

この時期「菖蒲祭り」が開かれている「北山公園」では美しい花達に出会うことができそうです。そんな魅力的スポットを巡り、アウトドアでブランチをとることで沢山のエネルギーが充填されると思います」。

と話します。歴史文化、パワースポットにアウトドアグルメ。老若男女が楽しめそうな盛りだくさんのウォーキングイベントです。

 

【申し込み方法】
アルキニスト倶楽部HPフォーム http://ws.formzu.net/fgen/S24217876/
メールアドレス arukinist@excite.co.jp
ファクス 042-593-2056

詳細はアルキニスト倶楽部HPに掲載されているチラシをご覧ください。

 

<関連記事>
たまきた2017年夏号

トトロの棲む森のある東村山散策~「アルキニスト倶楽部×たまきた」コラボツアーvol.2 ~

アルキニスト倶楽部HP

アルキニスト倶楽部Facebookページ イベント紹介や「歩き旅」の楽しさを発信

 

昨年たまきたPAPERとのコラボレーションで開催した同様のツアーの記事

 

 

北山公園の菖蒲(ツアーで見学予定)

 

千躰地蔵堂(ツアーで見学予定)

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る