Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

201710/24

全国に発信したいこと(記事・スポットライト―技ある場所を照らす灯)

「スポットライト―技ある場所を照らす灯」

は、『たまきたPAPER』2016年4月号からスタートした連載です。

———————————————————————————

貴重な技術を持ちながら、地元ではあまり知られていない企業やお店。

そこを照らすと、奥に隠れた物語が浮かび上がります。

———————————————————————————

タイトルの下にそう記載されているように、武蔵村山・東大和・東村山・小平の職人さん、技術者にスポットを当て、技術はもちろん、人となりや事業の歴史、今後の展開などについても取材をし、物語仕立てで記事をつくっています。

『たまきたPAPER』を創刊する前に、地元の職人さんと話をする機会があり、その方が日本でも珍しい技術を持っていることを知りました。でもご本人は、手先の器用さに反して、そのすごさ、貴重さを器用に語ることができない。そういう人の話を、読者は聞きたいのではないか。

職人さんたちのすごさ、面白さを浮かび上がらせ伝えるのが、自分の仕事ではないか。こういう人たちがいるこの地域は、すごいところだと思っていいのではないか。

そのとき、ライターとして「書きたい」という思いが湧き上がりました。

でも、そういう記事を掲載する媒体が地元にない。ないなら媒体を作ってでも書きたい。それが、『たまきたPAPER』を立ち上げるきっかけの一つにもなりました。

初掲載の「第一話 東大和市のジュエリー工房」は新聞記者、編集者など多くの文章のプロの目に留まり、たまきたや、はらだあやめがメディア取材を受けるきっかけにもなりました。

現在は、本記事は休載しています。

はらだはこの記事に全身全霊を注ぎます。ほかの記事ももちろん全力でつくりますが、この記事はそれ以上に命を削るくらいの思いで「書いてしまう」ものです。

それだけに、単なる連載企画としては書けないのです。発行に合わせて書くのではなく、湧き上がるように書きたいと思う取材対象がいるか、「見開き2ページを買ってでもこの記事で当社の職人のことを書いてほしい」というお客さまのために書くか、どちらかしかないと考えています。

近い将来、この記事をまた掲載できるように、掲載させていただく企業やお店、職人さんを探し続けています。

 

■フリーペーパー総選挙、たまきた応援お願いします

http://award.nicoanet.jp/media_detail.php?id=230

 

★本記事掲載についてのお問合せは

info■cotonoha.biz(ことの葉舎)まで。 ■を@に変えて送信してください

<はらだあやめ>

関連記事

コメントは利用できません。

左のを右にする

左の絵をを右の絵みたいにすることで、絵を描いたら大きく描こうと思わなくても大きくなった。 当たり前…

小平の卓球倶楽部と卓球部

新宿駅に行く道中。小平乗り換えのときにこんな看板。卓球倶楽部と書いてある。卓球をこんなに大きくPRし…

街角まち会議

昨日、銀行に行く途中に東大和の観光事業プラットホーム会議で一緒のまつもとさんにばったり。こんなのやっ…

霙(みぞれ)と縦組

みぞれ と たてぐみ 朝通勤中、霙(みぞれ)が降っていて、みぞれという日本語が美しいなと思った…

東村山で炭火に当たる

昨日、東村山市の某所に原稿確認に。 3月1日発行のたまきた春号に掲載させていただくお店。中に入…

ページ上部へ戻る