ブログ

夏休みならカブトムシ

 

クワガタがとれたなら、カブトムシもいっときたい——

それはヒトの本能ではないでしょうか。

カブトムシのつかまえ方をネットで調べたところによると、 とりやすいのは

・時期…7月中旬~8月上旬
・時間…19時~23時
・場所…クヌギの木がある雑木林

ということで、22時ごろにふと思い立ち、先日クワガタがとれた雑木林に行ってみました。

22時というとお子さんにはちょっと遅い時間ですが、夏休みなら、1日くらい夜更かししてもいい…ですよね。

思いつきなので装備は軽めですが「刺す虫」対策はしっかりと。

・服…暑くても長袖、長ズボン、帽子
・道具…虫かご、懐中電灯
・その他…虫よけたっぷり(それでも刺されます)

事前に虫を集めるために虫ゼリーやバナナなどを仕込んでおくとよりたくさん、簡単にとれるようですが、今回は思いつきなのでそこまでしませんでした。

さて現場に着いて、探索5分。まず1匹いました。そして横の木。

2013KABUTO2  

はい、ゾロゾロ!

ザ・昆虫採集!

カブトムシ・パラダイス!

夜にやってきた甲斐がありました。

たくさんいましたが、持ち帰ったのはオスとメス1匹ずつです。来年もこの雑木林でたくさんカブトムシを見つけたいですからね。わしわしとりたくなりますが、つかまえすぎには注意です。

連れて帰ったカブトムシ2匹は、元気に虫ゼリーに頭をつっこみ、「それ、息できるの…」とつっこみたくなるほどの食欲です。23時ごろになるとかごの中でブブブブ…と飛んでいるので、やはりそのくらいの時間が活発で見つけやすいのではないかと思われます。

2013KABUTO3

まだ7月末ですから、彼らは雑木林にいると思います。
夏休みの思い出にカブトムシとり、いかがですか?

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る