編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

ワタナベ文具閉店

 

東大和市の青梅街道沿い、南街交番の向い側にある有限会社ワタナベ文具。東大和市の方ならほとんどの方が知っているのではないでしょうか。
ワタナベ文具は先代が昭和38年に開業。平成11年に現在の代表取締役、細淵和子さんが跡を継ぎ、合わせて約55年。半世紀以上続いている文具店です。個人はもちろん、市内の学校や公共機関、PTAなどでお世話になった覚えのある方も多いと思います。

そのワタナベ文具が、3月31日(木)をもって閉店することになりました。

***

―― どうして閉店することになったんですか。

細淵さん だんだん従業員が減っていって、外商する人がいなくなってしまって。店の中だけのことなら私ひとりでもやっていけるんだけど、私も歳を取りましたからね。認知症にでもなって、取引先やお客さんに迷惑をかけるのはいやですから。店を継いでくれる人も一生懸命探したんだけど、見つからなかったんです。市内の学校や公共機関さんとの取引も、もうほかの業者さんに引き継ぎをしました」

―― そうですか…ここにワタナベ文具があるのが普通の風景ですから、閉店は寂しいです。

細淵さん もう長いことやっていますからね。お客さま、皆さんに本当に感謝しています。思いがけずこうやって、皆さんに感謝の言葉を言う機会ができるなんてね。今までお店に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。

ワタナベ文具では、20%~50%引きの閉店売り尽くしセールが開催されています。店主の細淵さんとお話ししたい方、ワタナベ文具がある交差点を見ておきたい方は、3月末までに足を運んでくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る