ブログ

「ママ・マルシェ」レポ!

IMG_2199

快晴の3月8日土曜日。一度は大雪のため中止になった東大和「ママ・マルシェ」が東大和市中央公民館で開催されました! 「ママ・マルシェ」なので、ママでもある記者も小学生女子の子どもと一緒に会場へ。開場時間30分後くらいに行ったのですが、入り口に立つとママ、パパ、子ども、スタッフさんたちの熱気が押し寄せてくるようです。

 

◆ワークショップでクラフト体験

まずは、予約しておいた「タイルクラフト アトリエすみれ」さんのワークショップへ。野原すみれさんの手ほどきを受けつつ、フォトフレームにタイルを貼っていきます。「親も子も楽しく体験してもらうことがモットーです」という野原さん。居心地が良くて、緊張せずに楽しめました。材料も道具もみんなそろえてもらえて、教えてもらうこともできて、費用は材料費を含めて500円。簡単にオリジナルのフォトフレームができました。

IMG_2186

◆ハンドメイド雑貨をショッピング

さてフォトフレームを作り終えると、最近オシャレにこだわる小学生女子の子どもは、手作りのヘアゴムやヘアピン、バッグなどに目を輝かせながら足早に会場をグルグル。確実に5周はしたと思われます。悩んだあげく、hidamari」さんでヘアゴムを2つ(150円・100円)、「mignon」さんでパッチンどめ(80円)×2を購入しました。このヘアゴム&パッチンどめはすっかりお気に入りになって、学校に行くときも休日もヘビーローテーション中です。

0150ead123b662d2093c0b6d7b2ef8299d2de6045f

ほかにも会場内には手作りのかわいい雑貨店ブースがたくさんで、どの商品もおしゃれでリーズナブル。一つひとつ手作りした完成度の高いグッズをこんなにお安く買えるなんて! 今回は公民館での開催ということもあってお安く設定されているということで、特にお買い得なのでした。

それにしても、雑貨のレイアウトや飾り付けを見ているだけでも楽しくなってしまう各ブースのかわいさ。「私もあんなセンスが欲しいわ~」と憧れてしまいました。

◆ママの手作りごはん&お菓子

IMG_2191

さてグルグルしておなかが減ってきたので、豚汁&おにぎり販売のブースへ。シャケおにぎりを購入です。あぁ、よそのママが作ったおにぎり! 記者も日々家族の食事を作っておりますが、もう自分の味にはあきあきしています。外食すればいいじゃない? 違う違う、よその家の手作りごはんが食べたいんです。それはいいとして、とにかくシャケおにぎり。2つ買いました。「おいしー!」と目を見開きながら、子どもが2つペロリと食べました。記者は一口ももらえませんでした(涙)。

小腹が落ち着いたら、甘いものも食べたいわ。ということで焼き菓子のお店「やきがし屋」さん のブースへ。この時は11時半くらいでしたが、上の写真のとおり品切れになるほどの売れ行き。ビスコッティ(150円)、ミルクレモンパウンド(190円)、抹茶ホワイトチョコスコーン(230円)を購入。しっとり、あっさり、食感しっかり。自然な味わいのおいしいお菓子でした。

*****

帰り際、「大成功だねー!」と抱き合う運営スタッフさんらしきお2人を見かけました。これだけたくさんの出店があって、会場には満杯のお客さん。本当に大成功ですね。ブースのほかにももってけ市や演奏、野菜の販売、絵本の読み聞かせなどもあり、4時間とはいわず1日じっくり楽しみたい盛りだくさんなマルシェ。小さな子どもを育てつつ、しっかり自己実現して、オシャレで女子力も高いママたちに記者は圧倒されっぱなしでした。「ママ・マルシェ」が、また各ブースの皆さんの個々のママたちが多摩地域、たまきた地域を席巻しそうな予感とともに、会場をあとにしました。

〈アルバム〉スペースの関係でご紹介できなかったブースなどの写真です。

0108bc09d9550246c0ecb9f668884fadcdbebb1e55 017a7af6b1579a6822ceb48a1dabae77cdf40d381b
IMG_2163 01a00d4368d97babb1b69a3275eb11b0471c96eede

IMG_2168

IMG_2193 01bfb4d7c5db5ef803c44e24894166374f9114fd3b

文●原田文恵

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る