すべての記事

  1. ワタナベ文具閉店

    東大和市の青梅街道沿い、南街交番の向い側にある有限会社ワタナベ文具。東大和市の方ならほとんどの方が知っているのではないでしょうか。ワタナベ文具は先代が昭和38年に開業。平成11年に現在の代表取締役、細淵和子さんが跡を継ぎ、合わせて約55年。半世紀以上続いている文具店です。

    続きを読む
  2. 『たまきた』のプレゼン! The Amazing 7

    『たまきた』編集長がプレゼン動画番組『The Amazing 7』で、『たまきたPAPER』への想いを語ってまいりました!「たまたま撮影の日に寝不足で、肌が荒れてるし、顔がパンパンだし、お願いだから見ないでほしい」と本人は言っていますが、言っていることはまともです。

    続きを読む
  3. 『たまきた』紙版を発行!

    2013年6月から細々と更新してきた本サイト『たまきた情報ボード』。本サイトは、たまきたを運営することの葉舎が、東大和周辺の地元密着情報誌を作りたいと考えたことがきっかけで誕生しました。でも、出版不況でもあり、SNSを使えば個人でいくらでも情報発信ができる時代です。

    続きを読む
  4. かけっこ教室「忍者塾」

    忍者になれる!? 現役陸上選手のかけっこ教室都立東大和南公園でこの5月から、かけっこ教室「忍者塾」がスタートするというお知らせが届きました。ダンス、音楽、サッカー、野球とたまきた地域ではいろいろな教室やチームがありますが、かけっこの教室は初めて聞きます。

    続きを読む
  5. 紫陽花だより —梅雨明け後の楽しみ—

    東大和南公園を歩いていると、アジサイのような、アジサイには見えないような花を見つけました。 よく見かけるアジサイは下の写真のような手まり状のセイヨウアジサイか… このようなガクアジサイです。 そして、先日「これ、アジサイ?」と迷ったのがこちら。

    続きを読む
  6. 紫陽花だより

    アジサイコラム「紫陽花だより」を掲載しました!紫陽花だより -梅雨明け後の楽しみ-紫陽花だより -多様性の妙-...

    続きを読む
  7. 『たまきた』について

    東大和・東村山・武蔵村山のミニメディア「たまきた情報ボード」が6月6日にオープンしました。

    続きを読む
  8. 虫探しは真剣に

    民家の庭にやってきたムクドリです。昆虫の幼虫をつかまえて食べています。食料を探す顔は真剣そのものですが、黄色い足に黄色いクチバシ、ちょっとガニマタ?な後ろ姿はユーモラスです。

    続きを読む

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る