編集長あやめ日報

  1. こっち側は裏らしい

    昨日、用事で東大和市役所へ。建物の後ろの空の青が冴えていて、見上げた。そういえば、いつもこっち側から入るので正面だと思っていたが、これは実は裏側で、反対のロータリーがあるほうが正面玄関なのだという話を長く東大和に住む人に聞いたのを思い出した。市役所の人に聞いたら確かにそうらしい。

    続きを読む
  2. 誰か上に積みましたか?

    都立東大和南公園の人工流にて。1メートルはある高さ…お見事。雪だるまでもなく、かまくらでもなく、とにかく上に積んだ感じがまっすぐさを感じる。いいじゃないか形なんて、なんだって。高さだ。ただ、これを上に積む。それ以外何がある。

    続きを読む
  3. ただの丸いカモとサギ

    日曜日、午前中は本を読んで、夕方、日が暮れる前にジョギング。まだ雪が着氷していて、向こうからくる人と気をつけてすれ違いながら。雪に覆われている玉川上水緑道は清冽だ。玉川上水駅そばの橋から撮影していたら、カモがいた。

    続きを読む
  4. あれはウグイスではなくメジロ

    昨日、おとといと編集部の近くのスーパーでメジロを見た。春が近いと思うのは、このウグイス色っぽい色からだろう。ウグイス色っぽい色というのは、メジロの色はウグイス色ではないからだ。そして写真はウグイスと間違われやすいけどメジロだ。

    続きを読む
  5. 営業と柿と林檎

    たまきたをご存じないお店などに初めて電話すると、相当冷たい対応を受けることがある。

    続きを読む
  6. 人も街もたまきたも、深掘りが面白い

    私は、「うちは深掘りです」とよく言う。私が得意とするインタビューは、取材対象を深く知り、そこにある物語を浮き彫りにすることなので、媒体全体がそうなる。

    続きを読む
  7. てえおんやけど

    寒いので寝るとき、子どもの布団に湯たんぽを入れてあげたら低温やけどをしてしまった。そういう事例がたまにあり、ネットで皮膚が弱い子どもの布団に入れてはいけないようなことを書いてあった。不覚。やけどの薬を塗って治療中。

    続きを読む
  8. 雪とインフルと風邪

    今月に入ってからスタッフの幼稚園生のお子さんがインフルエンザになり、治ったと思ったらきょうだいが風邪で熱を出して、ということが続いた。こうなると子育てを一人で抱えつつ働く女性はてんてこ舞いだ。

    続きを読む
  9. 雪がものすごく積もった

    昨日の朝はちらついていた…と書いたが、ニュースの予報どおり大雪。昨日参加した武蔵野うどんのモニターツアーは予定どおり催行されたけれども、数件の行き先を残して終了となった。もうこれだけ降ればしょうがないし、すごい雪の中、同行の皆さんと旅したというのは、なんだかそれはそれで楽しかった。

    続きを読む
  10. 雪がちらついてきた

    今、8:10。東大和市駅にて。駅に来る途中、すれ違う登校見守りボランティアの男性たちが「ちらついてきたね」と言った。たしかに小粒の雪か雨かみぞれかが降ってきた。今日はプレスでご招待いただいているツアーがあって、どうも雪の中の催行になりそうだ。

    続きを読む
  11. 話題のお菓子・N.Yキャラメルサンド

    先日のたまきた新年会で、デザイナーのWさんがみんなに一つずつくれたニューヨークキャラメルサンド。東京玉子の会社が作っているお菓子。今人気で、東京駅で1時間以上待って買ったんだそう。クッキーの中にパリッとしたチョコ、その中にとろっとしたキャラメル。新食感。

    続きを読む
  12. 日本エレキテル連合凱旋ライブ@東村山

    昨日は、たまきた冬号でインタビューした、日本エレキテル連合の凱旋ライブに行ってきた。久しぶりの生の舞台。私は昔小さな劇団にいたのだけど、就職してから稽古と両立できず、そのまま芝居はやめてしまった。一時期は芝居なくして生きていけないくらいに思っていたときもある。

    続きを読む
  13. そこにいることは当然じゃない

    「続けることが大事」というけれども、結構難しいことだなと最近思う。お店とか、サービスとか、人とか、たいがいの周りのものはある程度の期間そこにあると、あって当たり前になってしまう。

    続きを読む
  14. 在宅ワークの呼び名

    昨日の投稿をしてから、在宅ワークの○○というので、いろいろやっていたのだった…と思い返していると同時に、当時メーンでやっていた音声起こしの仕事を前からお付き合いのあるお客さまからいただいた。

    続きを読む
  15. 「包摂的起業」として取材を受ける

    昨日、ご縁があって経済産業省の方々(3人いらっしゃった)に取材を受けた。国際会議で「包摂的起業」に関する発表の事例としてお話を聞きたいとのこと。

    続きを読む
  16. 月曜日の朝のなりたい気分

    何かの始まりをどう過ごすかに、最近注目し始めた。昔はお正月とか新学期とか週明けとかそういうことにこだわりがなかった。でも最近始まりのときの過ごし方でなりたい気分になれることが気持ちよくて、なりたい気分になれることをしてから、いろいろスタートしている。

    続きを読む
  17. 山と街が交差する・そんなすぐにキャッチは出ない

    武蔵村山に来ると、急に空が広い気がする。今日は富士山が積雪していて、光って見えた。某ショッピングモールから撮影。武蔵村山でも一番賑やかなところなのに、街と山が混ざり合っている感じ。この辺は断層が発見されたとかやっぱりなかったとか、数年前はキジを見たこともあった。

    続きを読む
  18. たまきた新年会

    今日はお昼に、レストランでたまきたのスタッフ新年会をした。20代〜70代の男女。それぞれデザイナーだったりポスティングのエキスパートだったりライターだったりするし、人として付き合いたいなと思う素敵な人ばかりで、みんなが集まるとなんとも好ましい風景だった。

    続きを読む
  19. まちなり~街の業・街の形~

    たまきたPAPERの記事の中に「新聞まちなり」というページがある。「まちなり」という名前は、たまきた発行前に媒体の名前として挙がっていたものだった。だから、もしかしたら『たまきた』ではなくて『まちなり』だったかもしれない。業も、形も、「なり」という読み方がある。

    続きを読む
  20. 鏡開きにぜんざい

    毎年ではないけれど、鏡開きの時期に自分が小豆を食べたい気分だったら、ぜんざいを作る。今年はそういう気分だったので、家であれこれやるかたわら、小豆を煮た。われながら、おばあちゃんみたいだと思うが、私が親世代から教えてもらった料理はこういうものばかりなのだった。

    続きを読む

ねこまん教訓カード

ページ上部へ戻る