ねこまん散歩&あやめ日報

子育て冊子はたぶんみんながやってくれる

今日は昼まで休みにして、午後は子育て冊子の媒体資料仕上げ。

新しく発行なのと広告を募集しますので何かと決めることが多い。ほかの媒体をやっているとフィニッシュ力に欠けるというか、二つのものを同時に仕上げに持っていけないので、たまきたが終わっての仕上げとなりました…。

あれこれ確認が終われば印刷します。

たまきたを進めながらも少しずつ編集会議の準備やら編集部員集めをしていましたが、月曜日の編集会議までに、たまきたスタッフと、上北台公民館のフリーペーパー講座を受講してくれた皆さんが手を挙げてくれて、あっという間に人が集まりました。

何かやりたいという方全員に何かをお願いできないかもというくらい。

みんなやる気で私がオロオロやっていてもチャキチャキやってくれそうです。いや何もしないわけではないですけど、いっぱいの人が一緒に動いてくれるんだなーと。

これ、作りたかったっていう人が、一昨年くらいから私のところへいらしておりました。結構前から要望のあった話です。

責任重大だし、新旧いろいろな人の思いがあり、積み重ねも無視するわけにいきません。

そして皆さんが、是非なんとかこれに絡みたいと思ってもらえる進行をしなければならない。

これらをどうまとめるのか、編集の腕ですね。あと、営業マン的なところもだいぶ問われます。

これはしっかり核にしたいです。ここから街の商業も、少し刺激できたらと思います。

一人ではできないですね。だから、たぶんみんながやってくれると思えるのはありがたいです。信頼できる人たち。

ここだけではなく、いろいろなところで、一緒にやってくれる人が必要。何かを変えようと思うと一人じゃ成し遂げられないし、一人じゃつまらないな。

最近そういうことをよく思います。

私は本当にどうしようもなく子どもなところがあって、みんな呆れてるだろうな、とよく思いますが、よくあれこれ声をかけていただけてありがたいです。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る