編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

あなたに会えてよかった

あなたに会えてよかったということが、最近いろいろあるな、とふと思ったのです。

そしてそういう歌があったなと。昔、劇団にいたときに、客出しの曲(上演が終わるとお客さんが会場を出てしまうまで流す曲)が演出家のこだわりでこの曲に決まっていたのです。古い曲ですが、今でもいい歌だなと思います。

小泉今日子さんの歌ですね。

おととい、お客さんからお打ち合わせ日程の連絡があって、ねこさんがいる会社ということもあって、今日の訪問を楽しみにしておりました(極度の動物好き)。

朝、別のお客さんから電話があって、「冬号は業界的に動かないから見送るけど(広告)、春号から入れるからね」とわざわざお電話いただきました。広告検討中だったのが見送りになったという話ではあるんですが、「この前の広告で大きいのが売れたんですよ、ありがとう」と言ってもらえてうれしくて、しかもなんだか、営業マン同士の通ずる何かがあるのか自然にわいわい話せて楽しかったのです。

次はねこさんの会社(いや社長の会社ですが)へ。以前来た私のことも、ねこまんのことも覚えていてくれたみたいで寄ってきてくれました。打ち合わせそっちのけで「さつきちゃーん!」とねこさんに付きまといました。それで、社長ともお話が白熱(ネコトークではなく仕事の話)。なんだかいろいろ「やろうよ!」になり、「ちょっと聞いてくださいよ!」もあって、1時間くらい議論。

帰りにまたお客さんの神社に立ち寄りましたら、シーズーさん(犬)と女性が2人。

シーズーさん「なでられたい」/私「なでたい」

バチっと目が合い、駆け寄る一匹と一人。

飼い主「スカート汚れますから、ストッキングが破れますから!」

と慌てられるほどシーズーさんと戯れました。

先週は、道を歩いていてお知り合いばかりのご一行に会って「おぉー!」ってみんな喜んでくれて、私に会ってそんなにうれしそうに笑ってくれるなんて、と感動したことがあって。

そういえば、メールをもらって「あの時のことずっと感謝してます」って言ってもらえたこともあって、なんだか

「私、生きてていいんだ!」みたいな気持ちになりました。

いずれも、

「あなたに会えてよかった」と言える出来事なのかなと思います。

 

「あなたに会えてよかった」という一つひとつを大事に思えた一日でした。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る