編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

手紙を書く仕事・電話嫌い

電話がとても苦手です。

相手が何をしているか分からないところに、突然遠方から声をかけるというのが、なんとも私には心理的負担です。相手の様子を見られる、「対面で突然声をかける」のほうが、よほど楽なんです。

求人広告の営業マン時代、締切当日は会社にこもって電話をかけ続けるという日があって、電話研修も受けましたし、電話する技術というのはあると思うのです。でもとにかく嫌いとしか言いようがないのです。

今は、メールやSNSでいろいろ連絡が取れるので、そういう意味ではとても気楽になりました。でも気楽に送れる分、見逃されがちでもあります。

やはりなんとか、媒体を知っていただけるように、コンタクトを取らなければなりません。締切が近くなってくると、「電話をかけ続けなければいけないんだ」という強迫観念が頭をよぎります。

しかし、いっぱい電話をかけるという営業を飲食系サイトなどがやり続けた結果、飲食店さんは電話も営業も大嫌いになっているところが多い。そこにかけるのは逆効果だとは思うのです(でも強迫観念が)。あぁ、いやだ、嫌いだ。やらなくていいし嫌いなのに、電話をかけなきゃとか訪問しなきゃという強迫観念を振り払うのは無駄だ…そうだ、好きなことで上書きしよう。

ということで、自分が好きなお手紙を一生懸命書くことにしました。そして、郵便局に行って好きな切手を買ってきて、貼ることにしました。前もお話しした気がしますが、手紙と切手が好きです。

これぞ私が得意な広報かなと。皆さんにたくさんは書けないけれども、もしどなたかに届いたら読んでやってください。

(ただ、どうしても電話しなければいけないときもありますので、そのときはご容赦ください)

 

原田あやめ

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る