ねこまん散歩&あやめ日報

若い時の夢を一つ叶えた

フリーペーパーの連続講座、講演と、私の話をみなさんに聞いてもらうことが続きました。

もう一つ決まっているイベントがあり、それで、これまでのような講演をお受けすることはいったん停止させていただきます。「こういう場合にはお受けします」という基準がありますので、ぜひにというご要望があればお問い合わせください。

そして、それに見合う自分でいなければと肝に銘じます。

講座や講演はその前の準備がいりますし、責任も大きいですが、忙しくても、つい受けていました。

小学校、高校大学と演劇をやっていて、舞台度胸がついているからと思っていましたが、もう一つ、やりたい気持ちがあるからだと、さっき、ふと思いました。

20代のとき、役者になりたかったことを思い出しました。これだけはやめられないと思っていました。

でも役者になれる資質がないと自分に見切りをつけたのと、貧乏学生生活を早く抜け出したいという気持ちが勝って普通の就職を選びました。

社会人になって、先輩にそんな話をしたときに、「それは本当に好きなことじゃないんだよ。本当に好きなやつは貧しくてもやめないもん」と言われて、改めて納得したものです。

それが、講演や講座で、ある意味、自分の表現での一人舞台を何度か踏ませてもらいました。夢が叶ったんですね。

イベントの話をしたお世話になっている方から、「講演うまくいったでしょう」と言われました。この人は大丈夫だと思っていただけているんだと感じました。信頼して呼んでいただけていたんだというのも、うれしく思いました。

ご依頼くださった皆さま、たくさん呼んでいただき、夢を叶えさせていただき、ありがとうございました。

写真の猫は、次の場所に行くために道を渡るネコ。なんとなくそういうネコのような気分で。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る