ねこまん散歩&あやめ日報

クールン

粉と牛乳を混ぜて作るレアチーズケーキです。

砕いたビスケットも一緒に入っていて、お皿にビスケットを敷いて、レアチーズケーキの生地を流し込んで冷やすと完成。

久しぶりに食べたくなって、スーパーで買いました。

子どもの頃、たまに母が作ってくれて、大好きなお菓子でした。

母は地域活動で忙しかったし、料理が好きではないので、まめに作ることはしなかったけれども、お惣菜などは滅多に出さなくて、このクールンも、いちから作ることはしないけれども、手はかけるといったものの一つです。

昨日、私が買ったこのセットを家で子どもが見つけて、自分で作りました。ビスケット生地の水分量や成型など、「これでいいのかな⁉︎」と楽しそうに作っていました。

そして「切らずにスプーンでまるごと食べたい」とあっという間に食べました。

少しもらって食べました。

酸味が少なくて、ビスケットのサクサクとクリームチーズ生地の組み合わせがやっぱりおいしい。

昔と変わらない懐かしい味です。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る