Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

通学バッグ・通学服の座談会(子どもの危険回避研究所たまきた研究室)

昨日、ちょっとお話ししましたが、たまきた編集部のある、ことの葉舎で座談会を開催しました。

お題は、学生服・学校制服製造販売 オゴー産業株式会社の通学服・通学バッグについて。

同社の製品についてママたちと意見交換をしたいということで、岡山の本社と東京支店からお一人ずつ商品持参で弊社に来ていただき、子どもの危険回避研究所の横矢所長がファシリテーション、私がママとして座談会参加&記録、たまきたや私のママ友など4名が地域のママということで参加。総勢8名での意見交換座談会ということになりました。

 

同社の多機能ランドセル「presave」や、開発中の通学服、防災リュックなどを皆さんで見ながら、「もっとこんな機能がほしい」など要望、意見を出し合いました。

 

私も中学生の子どもがおり、通学カバンや制服には思うところがありますが、同社の「presave」、軽くて現代の教科書などなどの持ち運びに即しているほか、いざというときに子どもが身を守るための機能満載。「これはほしい!」とママたちから声が上がっていました。

 

 

 

新商品の通学服も、今のママたちの心配、不満を一挙解決という感じ。「これいいねー!」とお墨付き意見が続出でした。

 

 

「こんな制服がほしい」というお題では、ママたちの要望と学校、子どもたちの要望が噛み合っていないのかも…という課題も。どんな制服を子どもに着せたいか、ママたちみんなで絵を描きました。実現できるかな?

 

こういった座談会の意見を元に、オゴー産業株式会社で新商品を考えられるそうです。どんなものができるか楽しみです。引き続き、こういった座談会を続けていくことになりそうです。

たまきたと、たまきたとつながる皆さんがこうやって商品開発にも関わっていく。どんどん広がってきていています。

 

こういった商品が行き渡れば、子どもたちを守ることにダイレクトにつながります。

 

今、西日本は未曾有の大水害が起こっており、防災についてまた皆さんが考えているところだと思います。親と離れているときに、通学時に、子どもが自分を守れるグッズ。ママたちと、もっと考えていきたいです。

 

私自身母親で、座談会が終わったあと、「子どもを守らなきゃ」という義務感というより「守りたい」という、本能からくる思いだな…と考えていました。

 

話が大きくなりますが、自分の子どもが、自分がいなくなったあとに幸せに暮らしていくために、母親は地球温暖化とか、日本や世界の未来とかいうことを本気で考えるのだと思います。

地球規模の話こそ、女性が、母親が一緒になって検討するべきだなと、ひしひしと感じています。

 

そのことを「なんとかしなきゃ」と本気で考える人が、未来を変えていきますから。

またこちらについても、レポートしていきたいと思います。

***

子どもの危険回避ということで、来週は東大和市で開催「ママ・マルシェ」で「デコ・防犯ブザーサークショップ」をします。かわいくデコった防犯ブザーで、いざというときに身を守りましょう。ママも、子どもも、女性みんなものそうですし、男女問わず災害のときに防犯ブザーを持っていると心強いんです。がれきの下で声が出せないという状況のときもあり得えます。

お気に入りの防犯ブザー、一緒につくりましょう。

詳しくは、こちらから。事前予約OKです。

デコ防犯ブザーワークショップ&ねこまん@第11回ママ・マルシェ

 

 

原田あやめ

 

関連記事

コメントは利用できません。

「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017」

皆さま、応援ありがとうございました!! 【結果報告】-----------------------…

201612/16

【たまきた】インスタグラムはじめました

【たまきたPAPER】Instagram(インスタグラム)をはじめました! アカウントは @tam…

たまきた「PAPER商店街」

たまきた「PAPER商店街」は、たまきた地域内(武蔵村山市・東大和市・小平市・東村山市)の事業者様限…

ねこまん缶バッジできたのニャ☆

ねこまんだニャ☆ ねこまんカードとねこまん缶バッジがもらえる、お祭りなんだニャ☆ みてみ…

ぽっとらっくキッチンvol.2 @森田オープンガーデン

☆花盛りの人気オープンガーデン ☆春の新じゃがいもで簡単パンづくり&試食 ☆絵本作家さん…

ページ上部へ戻る