編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

循環のためにコツコツを覚える

最近できるだけ、平日は少しでも走るか歩くかするようにしています。

 

何か体の中の循環がうまくいっていない気持ち悪さがあって、それを解消するためには走ることではないかと。

単純に、汗をかいて水分を循環させたいというのもありますし、昼と夜での体の在り方みたいなものも切り替えたいなと。

 

前、ジムに通っていたときにインストラクターに言われました。

「体づくりは足し算引き算だよ」と。

 

ダイエットでいえば、

1食べたら1消費すれば維持。

1食べたら2消費すればやせる。

2食べて1消費だったら太る。

 

しかし、1食べたときに体が1を消費できる状態になっていなかったら、1-1=0にならない。

栄養や酸素、水分、老廃物をうまく取り込んだり排出したりする循環機能がスムーズに動いていなかったら、1を消費できないので1食べて0.5消費して、0.5太るということになります。

それでこれの循環がいったんうまくいかなくなると、なかなか戻らない。

私は感覚派なので手順とかパーツとかの細かいところを気にしないほうですが、最近この循環を滞らせないための小さな手続きを怠ったらだめなんだ!と感じています。

 

というわけで昨年などは月に2回くらいしか走っていなかったのですが、細かく日々走り出しています。最初は歩いていることのほうが多く、花や動物の写真ばっかり撮っていたのですが、今日は朝から2kmくらい走れました。集中できて、写真は撮りませんでした。

 

1か100かの性格ですが、コツコツを続けて循環を止めないように暮らしたいと思います。

 

原田あやめ

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る