編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

小平と東村山で課題を聞く

昨日は午後、小平市で印刷物などの打ち合わせ。たまきたからつながったご縁。課題を話してくださって、それを解決できそうで、安堵。頼りにしてもらえているって本当にうれしいです。

東村山市へ向かう途中、青梅街道駅近く「ムーちゃん広場」でちょっと買い物。最近はまっているエダマメと、ブルーベリージュース、ブルーベリーのお菓子などを購入。ちょっと、道の駅に来たような、旅気分。そのまま東村山市で少しスタッフに会い、東村山公民館でNPO法人すくすくはあとの代表さんにお会いする。いろいろと印刷物をいただき、発達障害に関するお話を聞きました。写真緑の冊子は、発達障害のサポートに関する情報満載の『TOMONI』。発達障害全般に関する詳しい情報、東村山市内の支援に関連する施設の情報がかなり詳細に書かれています。すくすくはあとさんが市や親の会などの協力を得ながら、自ら制作されたもの。東村山市内の公共機関などに設置されており、無料で持ち帰れます。

たまきたの地域で、発達障害児の親御さんのサポート、たまきたも何かしらお手伝いしたいと思っています。ご要望あったらご連絡ください。

弊社は編集制作事務所ながら、同業他社とはずいぶん違う。たまきたって何だろう。何かさらに社会に対してやらなければいけないことがある気がする。今日も次々と届く夏号のクロスワードの回答の、読者の皆さんの手書きの回答の字に人柄を感じながら、考えています。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る