編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

夏号と街と体育祭

6月1日、発行日のお届けや配達手配のほか打ち合わせや会議などの合間に体育祭のお弁当などの買い物。お届けしつつお客さんや話した人の、夏号に対する反応を確認。

2日、お弁当完了し、体育祭へ。携帯でイラストレーターさんを急かし確認原稿を作りつつ子の出番を待ち応援。

合間にFBなどで夏号の反応が出始め、好評が聞こえてきて一つ安堵。

いろいろな意味で今回は神回かもしれないです。これまでにない判断が必要になり、ギリギリのバランスを考え続けて、スタッフにもかなり動いてもらい、協力者に意見を求め、最後は「いいものになった」と思えるところまでいけました。

帰宅して少しすると日焼けした子が帰ってくる。昨年は骨折して出られなかった運動会、今年は活躍して代表リレーでは学校新が出たとのこと。

また安堵。

夕方の涼しい風を受けつつ、もうなんてドラマドラマな日々なんだろうと考えています。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る