編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

試食販売

豆腐を物色していると、試食販売の女性に「食べてみてください!」と元気に声をかけられました。

「ちょっと単価が高いけどおいしいですよ」。

うん、確かにおいしい。揚げ出し豆腐を一つ購入。

その後、その助成が声高らかに

「この豆腐は”借金なし“という珍しい名前がついた大豆を使っていまして…

サワヤカな売り方もさることながら、こんな豆知識(あ…豆腐だけに…)も入れておられるところにちょっと感激。

ちなみに借金なしというのは、借金も返せるほどの収穫量とおいしさ、ということだそうで。

『News ACT』より

http://news-act.com/archives/45572289.html

 

そもそも試食したものがおいしいというのは必須ですけれども、試食販売にもこうして工夫する方が立たれていると、また印象づくなと思いました。

 

私は大学生のとき、試食販売のバイトをしていたことがあります。登録会社に登録して、あちこちのスーパーに派遣されるんですが、あるとき八王子のスーパーでアイスクリームを売っていました。

立ち寄るお子さんに折り紙の手裏剣をもらって喜んだりしつつ順調にアイスはなくなりまして、店長が「今日はもう商品がないし、帰っていいよ」とおっしゃったので帰宅したところ、登録会社に呼ばれて「決まった時間までいないとダメでしょう」と結構怒られた…という若かりし頃の思い出があります。

結婚式場に配膳係で派遣されるバイトもしていましたが、これもまた怒られた思い出が…怒られてばかりですね…。

 

原田あやめ

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る