編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

地域と編集

昨日は東大和や小平の地域と編集、講師の仕事などについて打ち合わせが突発的なものも含めて4件ありました。

一つ何か起こると、爆発的に何かがつながっていく時期がいつぞやあったのですが、それがまた起こっている気がします。

編集者は紙だけではなくいろいろなものを編み、集めている。

 

自分が発信するだけではなく、皆さんが、発信したいけどどうしたらいいだろうとご相談にいらっしゃいます。

 

編集者が、編集の仕事を極めると引退して飲食店をはじめるのが、なんだか最近よく分かる気がします(私はまだまだなので、まだ引退しません)。

料理屋さんに人が集まり、そこでリアルな場を編んでいく。ここで提供された料理がおいしくて、皆さんがうちでもつくりたいとレシピを聞いていったりする。

 

皆さんの求めることに応えられる強い基盤を作らなくては。でもひとりではできない。スタッフはもちろん、地域の皆さんと一緒にやっていければと思います。

 

原田あやめ

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る