編集長日報

書くのはだいたい誰でもできるが「分かりやすく書く」はそこそこ訓練がいる

気付けばライターをそこそこ長いことやっていて、今は編集もしている。

ライターや編集の講師で呼んでいただくこともあるけれども、講演などでちょっとした文章のコツみたいなものを入れると大変喜ばれる。

文章を書くということは、誰でもやることのようで、分かりやすく書くのは技術や工夫がいる。それは感覚的なこともあるので、ぐぐったところであんまりよく分からない。

みんながブログやSNSで発信するけれども、「分かりやすく書く」でつまづいている人は多いみたいだ。

ちょこちょこと書き方について相談されることもある。分かりやすく書く、がうまくなったら、もっとみんなの情報は価値あるものになっていく。

そのへんをなんとかすると、うちもまたなんとかになるかも…みんなでつくる、はこういうことかな。

印刷所に出す印刷も敷居が随分下がっているし、三方よしになるのなら、そんなコンテンツもありかもしれない。

私自身も周辺に書ける人が増えると大変助かるのだった。よし、書くことを教える(というか、リードするかな)のを、何かやります。

 

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

おすすめ商品

  1. 『たまきたPAPER』2019年秋号
  2. 『たまきたPAPER』2019年春号
  3. 『たまきたPAPER』2018-19年冬号
  4. 東大和市みんなで子育てBOOKプロジェクト(1)
  5. 『たまきたPAPER』2019年夏号
ページ上部へ戻る