編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

たまきたシステムアイドリング中

たまきた春号、特にこの日にお持ちくださいという指示があるところを除き、

たまきた春号の設置が先週終了。

エリアパートナー(と最近呼んでいる)のみんなが

一生懸命配達してくれた。

発行するのに必死だった創刊から2年、設置協力店への配達が、ものすごく大事だということが最近骨身にしみている。

ポスティングのプロの方に指南を受けつつ動いている最近、たまきたを街のあちこちに置いていただいていることの意味と、フリーペーパーながら記事が多いたまきたを、ロスなく読者に届けること。

パートナーのみんなが街を歩いていることの大事さ。

 

こういったことは、さらに地域のために、展開していく土台になる。たまきたのシステムで、多分いろんなことができる。

「社会的責任が発生している」「大きなことをやろうとしている」と言われるのがなぜなのか、やっと分かって来た。だいぶ遅い。

私としては、この地域にライターたる私がいるのにメディアがないから作ったというのが根本で、結構わがままな理由で作っていたものなのだ。

たまきたは、ここから地域をよくするためのネットワークに、本当になれるんだと思うと、「これはおおごとだ」とのんきに焦りつつ思っている。

たまきたの運営そのものを、一緒にやりたいという人も出てきた。

こちらにもいろいろとあるので誰でも一緒にやろうというわけでもないけれども、本気のたまきた運営陣募集中。一緒にたまきたにはまってくれる人。

問合せフォームやFBから話しかけてください。

 

原田あやめ

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る