編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

情報ではなく情報「発信」を広げている

またしても…10時投稿に遅れました。ごめんなさい。どこかで書きためなければならない。

先にやっておかねばイレギュラーがあったときにこうなるのであって…急きょ立川へ行き、戻ってきたところです。

立川へ行ったら、ちょうど電話で呼ぼうと思ってたんです!という急ぎの用事が発生していたという運がいいのかなんなのか。落ち着きましょう…。

 

さて、情報を伝えるための情報誌を発行しているけれども、情報発信の仕方を教わりたいというお話しをよくいただきます。SNSもブログも普通のことになっていているから個人が情報発信するのは当然かもしれないけれども、より責任が発生して費用もかかる「紙での情報発信」を教えるということに、そんなにニーズがあるとは思いませんでした。

そういう流れで、4月から、ある講座を担当する予定です。詳細が決まったらまたご報告しますが、こういうものも、たまきた創刊当初は想定していなかったことです。

昔仕事を受けていたデザイン事務所の人がそういうライター講座みたいなものをやっていて、すごいなーなどと思っていたのですが、かなり、それ以上に情報の発信ということの、レベルの高い裾野広げに貢献せよということなのだと思います。

 

なかなか、全部は対応しきれておりません。今頭に思い浮かんだのは大きな舟。自分だけで泳がなければいけないわけじゃない。大きな舟を用意して、それを運行するというイメージ。

そういうわけで、大きな舟に、乗りに行きたい。あ、春の海を見たい。

 

 

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る