編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

ツクシからススキ

けさ、庭に草丈1メートルくらいのつくしが生えていた。

空からレンブラントライトがつくしを照らしている。どんどんつくしが大きくなって、つくしというかアスパラみたいになったと思い、庭に出てみるとそれは、これから穂が出るススキになっていた。

「秋になると、部屋からススキが見られるだろう」と刈らずにそのままにしておいた。

 

…という夢を見た。庭に出てつくしを探してみたが、いなかった。

毎年、つくしのうちに見つけようと思っているのにスギナになってから、つくしがいたことに気付く。食べられなくなる前に見つけよということか。

タイミングをつかめるかどうかというのは何より大事。

 

それにしてもなんだか植物のいい夢だった。

 

休日は休むを徹底しているけど、どうにも助成金関係の書類に平日手を付けられず出勤。という急いた気持ちで、一番速い道を行こうと家を出る。

 

しかし夢のことを思い出し南公園を通る。

感性と効率を両立することが必要な仕事。細やかに感じる心もまた、経営に必要なことで、特に表現する私の仕事は。美しさ、好ましさを日々楽しんで暮らす。

 

原田あやめ

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る