編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

人も街もたまきたも、深掘りが面白い

私は、「うちは深掘りです」とよく言う。

私が得意とするインタビューは、取材対象を深く知り、そこにある物語を浮き彫りにすることなので、媒体全体がそうなる。

 

たまきたを発行しはじめてから、人と知り合う機会が数十倍にもなって、いろいろな人と関わったけれども、関わってみるとちょっと困ったなという人も中にはいる。でも、たまきたを「続けて」いくと、そういう人たちとも長くやりとりをすることになって、深く知っていく。すると、困ったなというところも、どうしてそういうところが困った感じになるのかも知ることになる。すると、「まあいいか」と思って、かえってそこが人間らしく思えて、逆に魅力になったりする。

だから、深く知っていくと、「嫌い」がなくなっていく。

深く知ると、好きになっていく。

たまきたは、地元に住んでいる人や子どもが、地元を好きになる情報を掲載するというのもテーマ。

だから、たまきたは深掘り。なので情報サイト、という言い方を考えなおさなければいけないかも。

 

街の人も一緒に、街を深掘りする、たまきた。それをみんなが面白がってくれるようになったら、あったかくて前向きな地域ができる気がする。

 

…などと、道がすべるので徒歩で出勤中、雪景色を見ながら考えた。

 

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る