Facebookページ

© たまきたWEB All rights reserved.

てえおんやけど

寒いので寝るとき、子どもの布団に湯たんぽを入れてあげたら低温やけどをしてしまった。

そういう事例がたまにあり、ネットで皮膚が弱い子どもの布団に入れてはいけないようなことを書いてあった。不覚。やけどの薬を塗って治療中。薬剤師さんいわく、

「湯たんぽはだんだん温度が下がるからなりにくいんですけどね」

特に皮膚が薄いのかもしれない。

そんな話を熊本の母と電話でしていた。

「湯たんぽをしたら低温やけどしちゃってさ」

「かわいそうに」

「ものすごいぬるくしたのに、これでもなるなんて思わんかった」

「大丈夫かねえ」

「スキー合宿いくとに、足ばやけどしてねえ」

「は? 足?」

「足ばやけどしたけん」

「あんた、さっき手ばやけどしたて言うたろ!」

「手とは言っとらんよ」

「手えやけどしたて言うたよ」

「手ェをやけど、に聞こえたんね(笑)」

ていおんやけど

てえおん やけど

手ェを やけど

なるほど。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

左のを右にする

左の絵をを右の絵みたいにすることで、絵を描いたら大きく描こうと思わなくても大きくなった。 当たり前…

小平の卓球倶楽部と卓球部

新宿駅に行く道中。小平乗り換えのときにこんな看板。卓球倶楽部と書いてある。卓球をこんなに大きくPRし…

街角まち会議

昨日、銀行に行く途中に東大和の観光事業プラットホーム会議で一緒のまつもとさんにばったり。こんなのやっ…

霙(みぞれ)と縦組

みぞれ と たてぐみ 朝通勤中、霙(みぞれ)が降っていて、みぞれという日本語が美しいなと思った…

東村山で炭火に当たる

昨日、東村山市の某所に原稿確認に。 3月1日発行のたまきた春号に掲載させていただくお店。中に入…

ページ上部へ戻る