編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

雪がものすごく積もった

昨日の朝はちらついていた…と書いたが、ニュースの予報どおり大雪。昨日参加した武蔵野うどんのモニターツアーは予定どおり催行されたけれども、数件の行き先を残して終了となった。もうこれだけ降ればしょうがないし、すごい雪の中、同行の皆さんと旅したというのは、なんだかそれはそれで楽しかった。

帰りのバスは東久留米から新青梅街道を久米川駅へ向かって進んだが、もちろんなかなか進まない。子どもにLINEする。「バスが時速5キロで進んでいます。家まであと7キロあります。何分でうちにつくでしょう」

「1時間以上かかるw」

子どもから返事。

なんとか久米川駅について、帰宅。Instagramなどでアップしたように、東大和市駅に着くと東村山より雪が深い感じ。雪で横断歩道が見えず、曲がるべきところを何度も通り過ぎる…毎日通る道なのに、信号は見えているのに、何かが見えないだけでこんなにも迷う。

そしてけさ。見事な雪景色。なんだか予定が狂って大変ではあるのだが、べちゃべちゃでない雪の上を歩くのは楽しい。石像や木がふんわり白い帽子をかぶっているようなのも、好みだ。

会社に着くと、1F新聞屋さんのおかげで周りがきれいになっていた。しかし階段が大変なことになっていた。会社についたらネットワークが不安定だった。運送屋さんから、今日指定のお届けができません、と電話が来た。

これは、もしかしたら大混乱…東京人は雪で騒ぎすぎというけれど、こんなに降ることが滅多にないのだから仕方ない。

「仕方ないね」と言いつつ過ごすことにしよう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る