編集長あやめ日報&旧たまきたWEB記事

媒体

媒体とは、媒介するもの。メディア。

たまきたも、その両方の意味の媒体。

最近、すごい技術を目にすることがよくあって、自分の技術は?

なんでもやってみるけれども、何事も極めていないのでは?と考えたりする。

基本的にライターとして仕事をしてきて、喜んでいただいているところだけれどもデザインも編集も、音声起こしもWEBもやる。

いろんな技術を行ったり来たりしていて、そういうところの芯がなくある意味自分がない。そういう私にいろいろな人が希望や課題を投影し、私を通して形にしていく。自分自身が媒体なんだろう。

自分の技を極めるより何かを極めた人のために、その人の一部がふわふわした自分を通って伝わりやすい言葉を発していく。

こう書くとイタコみたいな仕事だ。

ふと田口ランディの『コンセント』という本を思い出した。確か主人公が媒体みたいな存在になっている話で、すごく新鮮な世界観だった。読み返してみよう。

原田あやめ

関連記事

コメントは利用できません。

ねこまん教訓カード

Facebookページ

ページ上部へ戻る